2018年5月10日木曜日

イヤイヤ期について

第2回・・・イヤイヤ期

④対応はどうすればいいの?

≪言うことを聞かずに暴れるときは・・≫
 
 1、状況を変える・・食事の時にイヤイヤが始まったら、
        一旦食事を止めて後からにする
 2、他のことで誘う・・お風呂嫌だ!の時は、玩具を持って
       行こう!
 3、子どもの気持ちを変えようと期待をしないで、見守る

≪暴力をふるう・乱暴をするときは・・≫
 ・・・叩いたり、引っぱったり、蹴ったり、物を投げたりする
        ときは・・・
 
 1、家族にするときは、
   親にするときは、一言でいうなら甘えたいときだと言える
        でしょうパパ・ママが嫌いだから叩くのではなく、
      「抱きしめて欲しい」・・
   困ったものですが、子どもの本音の気持ちを受け止める
       ことで、自己肯定感が育ち、人の気持ちがわかる子になる
      でしょう

 2、親以外のお友達や下の兄弟などに乱暴をする場合は、
   気持ちは認め、行動は制御する
   「怒れるね」「嫌だったんだね」と気持ちを汲みながら、
        「叩かないで ね」と、くどくど言わなないように伝えましょう
   「気持ちは認めるよ、理由もあるんだよね、でもその行動は
       止めにしようね」


      
     みんな元気いっぱい、すくすくと成長しています





 


0 件のコメント: