2017年1月30日月曜日

1月 ひよこ組だより

1月 ひよこ組だより


本当に寒くなりましたね!
ひよこ組の子どもたちもみんな大きくなり、
そろってお散歩に出かける日が増えました。


雪が降って大人はこたつで丸くなりたい日も、
子どもたちはお散歩を楽しんでいます。
ひよこ組の子どもたちは生まれて初めて見る雪かもしれませんね。
雪を不思議そうに見つめ、指先でつついたり。
水たまりの氷を割る感触を楽しんだり。
冬の楽しみを上手に見つけています。


ひよこ組担任


滑り台一人で滑れるようになったよ!

ニッコリ笑顔☆

お花きれいだね♪

雪が降ったよ!

タッチが上手になりました♪

食べること

『親子で給食を食べる会』を行いました。
日ごろ食べている給食の試食をして頂きました。


楽しい雰囲気の中で食べる給食は、いかがでしたか??


食べることは、模倣から入ります


美味しく食べる姿
喜んで食べる姿を見せていきましょう


ナースリーで心がけていること
 *天然のお出汁で
 *お米は西田(主人)の田んぼから
 *お味噌は手作りで
 *さつまいもは、こはく農園(Mちゃん母)から
 *その他野菜(全部ではないですが)は、平戸橋の大岩さんから
 *生活クラブ・スーパーから・・手に取って購入





     
       準備中に撮影です・・これから出来立てが並びます
      バイキングでお弁当箱にいっぱい詰めてね




      
       ポークビーンズ
       彩サラダ
       鮭のから揚げ
       お蕎麦チップス
       具だくさん味噌汁
       ひじきご飯
       干しブドウの蒸しパン
       みかんとバナナ







2017年1月25日水曜日

ぴょんぐみだより

寒さが一段と身に染みるこの季節。
散歩に出かけると、こどもたちは寒い中でも元気に走りまわってます。

ぴょんぐみさんは、散歩はカートに乗っていくことが多いのですが、
「歩く!歩く!」と、みんなが歩きたい気持ちが強くなり、かわりばんこに歩いたり、
午後は近くの広場にみんなで歩いていったり、ほんとにたくましくなったぴょん組さんです。
おしゃべりもとっても上手になってきて、カートの中で、お友達と会話を楽しんだり歌をうたったりしながら散歩を楽しむ姿が見られます。

「冬」という季節を感じながら、日々遊びを楽しんでいる子どもたちです。
乾燥している季節なので、体調管理などに気を配りながら元気に過ごしていきたいと思います。



雪だ~

前に出てみんなで歌います♪

ぞうきんがけも上手になったよ~

雪、つめた~い

ベンチで電車ごっこ


ぴょんぐみ担任

2017年1月24日火曜日

ちょっと甘いくらいがいい!!

ひとりひとりのお母さんの価値観で育つ子ども


*好き嫌いをしない
*厚着をさせない
*他人のものと自分のものを区別する
*テーブルには上がらない
*手洗い・歯磨きをきちんとする
*お外は裸足にならない
*ダラダラ食いはしない
     ・
     ・
     ・
などなど、人によって厳しいところ、気にしないところは違います


それぞれのお母さんのやり方でいいし、違っていいと思います


お母さん!!、『ちょっと甘いくらいがいい!』 あなたの基準で
ガチガチにならずにね






     お誕生日会の光景
     ささやかですが、ひとりひとりをみんなでお祝いします









2017年1月19日木曜日

お庭・大好き

大人の感覚と子どもの感覚とは、違いますね!
寒い日でもお外でいっぱい遊び、「寒いから帰ろ!」とは、いいません。
すごいですね!!




    ≪ おそと大好き!!≫


2017年1月16日月曜日

子どもの成長や発達は・・・

タイトルはちょっと堅苦しいですが、
うれしい悲鳴を上げてみると


*破ってはいけないところを・・・破る
*小さい穴にものを詰める・・・こんなところに誰が!!
*登ってはいけないところに…登る
*引っ張ってはいけないところを・・・引っ張る
*飛び降りては危ないところを・・・飛び降りようとする
*走っては危ないところを…走る


子どもたちは、「ダメよ!」「やめて!」「後で!」「ちょっと待ってね!」と
いうようなことを、いっぱいいっぱいやってくれます。


いい意味で振り回される私たち・・・


ダメよ、と言われる中でも平気で繰り返されることが
子どもの発達であり、成長だと思います


逆の見方からすると、ダメと言われるような動きは
子どもには必然だと思います


いけないことをしたら、繰り返し繰り返し「止めてね」と
言うだけです


子どもの暮らす空間にこのような寛容な雰囲気が必要だと思います


保育も教育の場ですが、幼い年齢の子どもたちの空間は「叱る」ことへの
とらえ方が違ってきます。


       
        ≪お絵かき教室の後で≫




        ≪先生の伴奏で走っています・・・「うま・・たずなをひいてハイよー」≫
            軽やかなピアノで自然に体が動きます






2017年1月14日土曜日

ひとりひとりの個性

どの子もどの子も、個性豊かで私たちはいい意味で
振り回されています。

先生の言葉をよーく聞いていて、「なんで?」「ちがう!」
と納得がいくまで聞いてくる子

とにかくパワフルでパワーみなぎる行動派のお子さん
しつけをしなくちゃと教えても、欲しいものは欲しい!
やりたいことはやりたいタイプ
しつけは、もう少し待って下さいね。その時期が
もうすぐきますから!!

新しいことに慎重なA君、初めてナースリーの門をくぐった時は
A君のことが分からずに少々心配をしてしまいましたが、
慎重な資質は変わっていませんが、今ではとてもしっかり
気持ちや状況を話してくれます

みんなみんな・・・どの子もどの子も個性があって、違って
自分を安心して出せる場

0歳、1歳、2歳、3歳の幼いお子さんを預かる空間は
教育の場であっても、中身は全く違います。

その子の持ち味をそのままで卒園して欲しいと思います

炊き立てのご飯のように!


2017年1月11日水曜日

あけましておめでとうございます

パソコンの調子が悪くブログをアップできないでいました。
途端に仕事に行き詰まりです。

小規模事業園となり認可を許可された一年で戸惑いも
ありましたが、子どもたちの可愛い笑顔に励まされているのを
感じています。

保育の質は、今すぐに培われるものではありません。
ひとつひとつ積み重ねて、やっと形として整ってきます。

長く働いてくれるスタッフのおかげで今のナースリーがあります。
働きやすい職場であり、自己研鑽できる職場であることを
形として作り上げていきたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

      午後の先生と一緒にハイポーズ!!