2016年10月31日月曜日

10月 ひよこ組だより

☆☆☆ ひよこ組だより 10月 ☆☆☆

運動会も終わりひよこ組さんも全員がしっかりと活躍してくれました。
大きい子たちはリズムや雑巾がけも参加し、
小さい子も自分の力でお母さんの元まで進んでいくことができ、
とても微笑ましく、またたくましい成長した姿を
見ることのできた運動会でした。

普段の生活では、
寝返りだけだった子がずりばいができるようになったり、
ハイハイだった子が1歩、2歩と歩けるようになったりと
ひよこ組さんはぐんと成長の感じられる1ヵ月だったように思います。


子ども達の可愛い笑顔と駆け寄ってきてくれる姿に
毎日癒されています。
あと4ヵ月、ひよこ組さんの成長を
しっかりと見届けて行きたいと思います。

ひよこ組担任

雑巾がけは私に任せて☆★

ちょっとそのおもちゃみーせーてー!

わんわんいいこいいこ~♪

たっちが上手になったよ!

私の友人

私の友人ですが、私のことを『先生』と呼びます。

彼女と言葉の話になり・・言霊(ことだま)の話に発展しました

『ありがとう』『ごめんなさい』『許す』この三つはいい言葉だねと
「うんうん」とあいづちをうつと、彼女は

大抵の人は、この三つを「あいさつ」で使っているね・・・と
使わないよりは使った方がいいけど・・・

私は、「あいさつ」で??・・・良く解らない!!

『許す』・・・?? 考え始めたら分からくなってしまいました

又、ひとつ『テーマ』ができました。
私の『先生』から頂きました。



2016年10月28日金曜日

愛着

ナースリーを発足して23年
ひとつひとつに愛着があります

小さい子どものことですから、危険なものは排除しなくてはなりませんが
淋しさや身を切る思いがします

置き場所を変えたら、他の遊具との配置を見直したら、
時間帯を考えたら、子どもの人数に合わせた時に・・・
いろいろの対策がなされてのことですが・・・

愛着は、邪魔になったり、大切な思い出の一部になったり
私のこころの問題であることを認識しました

    
        ≪避難訓練・・・不審者がきたら!!≫
         先生の熱演におっかなびっくりの子ども達



2016年10月27日木曜日

運動会へのご参加ありがとうございました

お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん・・・
みなさんでお越しいただきありがとうございました

小さいのでその場の雰囲気になじめず、お母さんから離れられない子
お母さんから離れるのに時間がかかった子
元気に演技できた子など、いろいろな姿を見せてくれました

みんな温かいまなざしを受けて楽しみました
がんばりましたね みんな花丸でしたね

         ≪お父さん・お母さんと一緒で嬉しいね≫










2016年10月26日水曜日

「大丈夫!!」の言葉かけ

Hくんががつまずいて転んだとき・・・
Aくんが、「大丈夫!!」

Mちゃんが、段から落ちそうになったとき・・・
Aちゃんが、{大丈夫!!」

小さな子ども達からでた「大丈夫!!」のつぶやきに
心が救われる気持ちです


     ≪あさごはんでもりもりげんき≫ 紙芝居大好き!!







2016年10月25日火曜日

うさぎ組の子ども達

冷蔵庫の段ボールの切れ端がありました。
中に入ったり・出たりとそれだけで楽しい子ども達

ちょっと引っ張ったら「ビリー」と破れました、すると
そこに一列に並んで「電車・電車・・・」と想像が膨らみます

そこへ担任が、今日はここで紙芝居を読もうかな?
お庭で次の活動が自然に始まりました
いきいきした子どもの顔、お天気がまぶしいくらいの日の光

子どもの成長とすがすがしさを味わいました

      
      ≪片栗粉で遊ぼう≫
         ドロドロの水溶き片栗粉
         硬さととろけるような柔らかさに、引き込まれていきました
         全身を使った遊びで『遊びきる』ことを目標にしました










2016年10月21日金曜日

子どもには大きな武器が!

子どもが望む三つは、
①こっち向いて欲しい
②解って欲しい
③愛して欲しい

お母さんにこっち向かせる方法は!
一番確実な方法を直感で読み取ります

泣く
騒ぐ
愚図る
大声を出す
誉められる 
などなど

子どもにとって一番確実にこっちを向かせる方法を使います。
怒られても・嫌な顔をされても・・・こっちを向いてもらうことを求めます。

       深めのタライでボールプール







2016年10月19日水曜日

ナースリーの雰囲気

初めて訪れる子ども達は、緊張した面持ちで周りを見回します。
少しずつ、ナースリーの雰囲気を感じます。

ナースリーでは、『泣いて・怒って・愚図ること』を大事にします。
自分の力で感情をコントロールする大事な準備期間だからです。

ナースリーの先生は、甘いと勘違いをされますが、
決して甘やかしではなく、自分の力でするんですよ。
思い通りにいかないことを、紛らわせたりせずに、自分の力でね!

小さい時期はできるだけ、子どもの思いをかなえることが
大事ですが、できないこともたくさんあります。

そんな時に、温かい雰囲気の中で自分でするんですよ?
と厳しい対応をしています。

     
     みんな大好きリズム体操




2016年10月14日金曜日

10月 ぴょん組だより


爽やかな風が吹き、過ごしやすい季節になってきました。
 
10月に入りぴょん組の子ども達は、お庭で砂遊びを楽しんだり
部屋の中で絵本を読んだり、好きな遊びを楽しんでいます。
 
新しいお友達も加わって、ますますパワーアップした子ども達。
公園へのお散歩でも、ブランコが上手に乗れるようになり
「せんせい~~!!」「みて!」と得意顔。
今年の夏に大きく成長した子どもたちと、秋の自然に触れながら
思いっきり体を動かして遊びたいと思います!!
 
 
ぴょん組担任