2015年11月27日金曜日

ひよこ組だより

ひよこ組だより


寒くなってきました!
でもひよこのみんなはお外大好き。
「さんぽ」と聞くと、すぐにでかけたくなってしまいます。
月齢の小さい子はお昼寝のタイミングによって
お留守番のこともありますが、行ける時は一緒です。

ごあいさつが上手なAくん。
おさんぽ中でもしっかりご近所の方々にごあいさつです。
「こんにちは!」

するとみなさん
「あら、かわいいわね。」
「みんなでおさんぽ、たのしそうね。」
と声をかけてくださいます。
その笑顔を他の子どもたちも見ています。

みなさんに見守っていただいています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 


ひよこ組担任

2015年11月26日木曜日

おやぎょうの深さ

おやぎょうの三本柱
 ①能動的に聞く
   信頼関係の第一歩、話を受け取ることから関係が始まります
   人と人が信じ合うことに・・欠かせないものです
 ②わたしメッセージ
   私が嫌だなと思う、相手の言動
   私が嫌だと思うので私の問題と定義します
   ありがちなのが・・・
   子どものしていることや言葉で怒れる場合、子どもが言うことをきかない
   からお前が悪い・・・このような受け取り方はしません。
   
   わたしメッセージで、私の率直な気持ちを伝えます
   素直な気持ちを伝えることで、子どもも他人を受け入れる第一歩に
   なるでしょう

 ③第三法
   互いに意見が食い違うとき・・・どうしたらいいのかを話し合う方法です
   その根底には、互いに気持ちよく暮らすには、を探ります
   家庭・グループ・地域・会社・社会・世界・・・
   お母さんと子どもが、『どうしたらいいのか』を話し合うのは、ダイナミックスが
   大きくなっても活かせる方法です

           ≪秋のお散歩風景≫

葉っぱの中で走る

木の棒を使う・危なくないよ!!

大きく背伸びして・・つかんだよ!!

自然なおもちゃがいっぱい

葉っぱは自由自在に遊べるよ


2015年11月16日月曜日

うさぎ組だより

うさぎ組写真より

実習生のお姉さんに絵本を読んでもらいました。
みんなの好きなだるまさんが・・・たくさん笑いました。

美里中学の実習生のお姉さんと一緒に楽しくリズムをしました。
みんなも張り切っていましたよ。

お友達と遊ぶのが楽しい時期、
新しくなった玄関で3人で遊びを考え中です。

2015年11月12日木曜日

質問に答えて・・・②


梅坪台中学校の未来学級・・・生徒さんからの事前アンケートがありました。
そこをオープンします

Q:一番大変なことは?

A:子どもと意思疎通ができない時
  何かを訴えようとしてくれているのに、上手く伝わってこない時
  みんな一斉に抱っこして欲しい時
  命を預かっているという緊張感


       ≪焼き芋遠足にて≫




  

2015年11月11日水曜日

質問に答えて・・・

梅坪台中学校の未来学級・・・生徒さんからの事前アンケートがありました。
そこをオープンします。

Q:保育士をしていて良かったと思ったことは?

A:子どもからたくさんの表情をみられること。可能性があること
  毎日・発見
  人間らしくなった
  子どもたちの成長を感じたり見守らせてもらえること
  行事を通して喜びを得られる
  子どもと一緒に成長できた
  子どもたちの笑顔がみられること
  「00先生~」と声をかけてもらうと元気がもらえること

子どもから、私たち保育士が人間らしく喜びを貰っていることがわかります。


          ≪焼き芋遠足で・・集合写真≫



2015年11月10日火曜日

恒例の焼き芋遠足

恒例の焼き芋遠足を行いました。

薪で焼く焼き芋を食べて欲しい
火を見て欲しい
車を心配しないで思い切り歩きたい

           ≪煙と火≫

火の番をしてくれた西田昌司さん

おもに火の番と焼き芋担当です
ほっかほっかの焼き芋ができました

2015年11月9日月曜日

学ぶ機会をもつ生き方=プロでしょうか

地域の中学校にプロの職業経験者として講師で出向く機会があります。
ナースリーも若手のスタッフが努めます。

プロって・・・辞書で調べてみました。
=職業、長年の経験に裏打ちされた知識・技能を具えている人。専門家=

私は、ひとりの人間として自分が選んだ職業から学ぶ姿勢が必要だと思います。
ただ時間が来るまで、言われたことだけをやればいい、・・・楽でいいかもしれませんが、

人は、自分自身に嘘がつけないようです。


      ≪子どもたち同志の関わりで育っています≫





2015年11月6日金曜日

「なんで・・・」「どうして・・・」 質問を大切に!!

「なんで・・・」「どうして・・・」を繰り返す子どもたち

ちょっと待った!!
子どもの考える芽を摘まないで!!

お母さんは、どうやって解らせようか、説明や納得に苦心していませんか??

小さくて未熟ですが一生懸命考えようとしています。

「そうね」「分からないね」「分かるといいね」・・対応しながら子どもが
自分で考え・工夫するチャンスをあげましょう!!

自分で出した答えを実践した結果は子どもが受け取ります。
うまくいくか?
失敗だったか?

責任とは何かを実践から学ぶチャンスです。


     ≪運動会≫
    日頃のリズム体操を見てもらいました
    見て・真似る・・そうして動きを覚えていきます
    『脳』の発達を促すリズムです

とんぼ
ピ!の合図で止まります
走る・止まるが交互にあってピアノをよく聞いて動きます

かめ
足首を握り状態をそらせます

かめ

ブリッジ
難しい動きですが先生やできる子の動きを真似て
できるようになってきます

ブリッジ
柔軟な体はきれいですね
軽々とやっています

三輪車
大人は腰を支え持ち上げますが
子どもはそのままで
早く!遅く!を繰り返します

2015年11月4日水曜日

ひよこ組だより

  ひよこ組だより

お昼間は暖かな陽射しとさわやかな風が吹き抜ける
ひよこの保育室です。
給食を食べたあと
ひとりのお友達がベランダにでると
みんなつられたベランダへ。
なんとなく近くにいたいようです。


                





 
 
ハイハイおすわり時代の2人、かぼちゃの型の入れ物を
持ったりかじったり、興味しんしんです。

 ひよこ組担任

2015年11月3日火曜日

自然にたっぷりと浸る日が欲しい

今日は祝日、ゆっくりと時間が流れています。
普段は、あっという間に時間が過ぎて・・一日何をしたんだろう!!
と思う日がよくあります。
『西田さん・・・』・・と呼ばれると『はあーい』と振り向きます。
これの連続ですね。

自宅の部屋に戻ると、一瞬気が抜けて体がぐったりします。
体の緊張をほぐして・・・また始まります。

10日(火)には、焼き芋遠足を企画しています。
最近の生活では『火』を見る機会がほとんどありません。
しかも、薪を燃やします。
『火』『風』『太陽』『水』『空』などの自然にたっぷりと浸る日が欲しい!

          ≪運動会≫
    足の親指の蹴りを促す『雑巾がけ』 ・最後のひとりまでやり終えました