2015年6月30日火曜日

私が問題で、やっかいです・・・ほんとうに!!

今日のわたし

5:30 起床・・・いつもはもう少し早いのですが、今日は寝坊してしまいました。
       ・・・食器の収納、台所の片付け

5:50 一座、座ります・・・毎朝、一座 25分間座ります

6:20 身支度

6:40 ナースリーへ出勤(3階から1階へ降ります)

6:45 仕事開始 一人の時間を楽しみます
    掃除、洗濯ものをたたむ、庭の掃き掃除、お茶を沸かす・・・などなど

8:30 幼稚園児の送り

9:00 朝のひと仕事を終え、コーヒーでいっぷくします

 ・  あっという間の一日

 ・  子どもたちの声に元気をもらい
 ・  出勤してくる保育士さんに元気をもらい
 ・  みんなにみんなに元気を頂いてお仕事を続けていられます

私の変容がなかったら、仕事は限界を迎えるでしょう
その私が問題で、やっかいです・・・ほんとうに!!

                          西田 泰子


         
ありがとう!!
ありがとう!!

2015年6月29日月曜日

おやぎょうフォローの会、開催中!!

おやぎょうを受講された方々が集まり研鑽のためのフォローの会を
行っています。
・子どもとの関係
・夫婦のとの関係
・ママ友との関係
・親との関係
・兄弟との関係

などなど、自分の気持ちも聞いてもらい、人の話も聞いて
気づきや学びを貰います。

もっといい関係になりたい・・・皆さんのこころの声に導かれて
私も、気づきや学びを頂いています。     

開催の予定等は、ホームページをご覧頂くか、メール・電話でお問い合わせ下さい。 西田



                お絵かき教室の作品です
梱包用のフィルムに油性マジックで描きました

涼しげなお魚が泳いでいます

ピンクは大人気でした

2015年6月26日金曜日

ひよこ組だより


ひよこ組のお友達、ここ最近みんなそれぞれ言葉が増えてきて、とても会話が賑やかになってきました♪




 
                                                    給食美味しぃ〜




                                                    大きな口であーん







                                                    パワーショベルで工事中

                                                   暑い日は公園でも水遊び。

 
 
 
父の日の製作にひよこ組も参加♪



                                                   
                                                        パパ喜んでくれるかなぁ〜??





                                                 

                                                     お買い物行ってきます♪


そして、梅雨が明けると夏の季節。健康面に十分留意し、快適に過ごせるようにして、泥んこ・水など、夏の遊びを楽しんでいきたいと思います。
 

ひよこ組担任

2015年6月25日木曜日

6月ぴょん組だより

6月ぴょん組だより
 気分はすっかり夏ー!!
ぴょん組さんは、毎日元気いっぱいです!          ぴょん組担任

びちょびちょになっちゃったー!

こんなこともできるよ~!

お水遊び楽しすぎるー!!

かまきりのあかちゃん!
どれどれー?

リズムのカメさんとっても上手!!

2015年6月23日火曜日

朝の受け入れ

お母さんと離れる時、スムーズにいかない時がどのお子さんにもあります。
機嫌よく「お母さん行ってらっしゃい」と言える日の方が少ないと思います。

今日のT君もそうでした。
「ママ!!」とお母さんの洋服をつかんで必死にお母さんにしがみつきます。

私は、お母さんの様子でお子さんを貰うか、もう少しそのままで・・・かを
判断します。

今日のT君のお母さんは、私にT君を渡そうと思っているな!と直感で感じ、
泣くT君を引っ張りながら抱っこしました。

幸いにT君はすぐに泣き止みました。
庭の植木鉢の下に≪ダンゴ虫≫がいっぱいいて容器に入れ始めたら
すっかりご機嫌は直りました。

その時々で受け入れの状況も違いますが、笑顔になってくれたT君に
ありがとう。

その後も、私の横にぴったりきて、ダンゴ虫の容器をしっかり持っていました。
カワイイ!!ですね。

冬服のぴょん組さんです
可愛くて掲載しました

午後のひととき
みんなカメラマンです


乳母車にみんな乗って散歩です
袖がすりあうほどの近さ
みんな身近に兄弟のように!

2015年6月22日月曜日

大人を困らせる子

赤ちゃんや幼児のうちはあまり目立ちませんが、
子ども園の年長さんや小学生になると、
集団のなかで、大人を困らせる行動をする子がいます。

例えば、
部屋の中に入る時間だよ・・と言っているのに、なかなか入らない。
道具を片付けましょうの呼びかけに・・わざと遠くへ投げる。
常習者たちです。

『こっちを見て欲しい・分かって欲しい・愛してほしい』
の子どもが求める条件にぴったりです。

集団の教師や指導員の立場からすると、困らせるので
素直でない!と純粋に愛情を注ぐのが難しくなります。


『こっちを見て欲しい・分かって欲しい・愛してほしい』
の三つは、大人も子どもも、乳児さんも、赤ちゃんも、みんな
みんな同じだ!!

子どもは、ストレートに表現するだけ可愛いいですね。

T君は、ブリッジをやっています
可愛い!!

純粋で駆け引きのない子どもたち
もっともっと愛してあげなくては!

保育は、愛情という基礎の中で
集団に必要なしつけをして行く場です。
可愛いな!!というあったかい雰囲気のなかで育てたい!!


2015年6月18日木曜日

子どものためのナースリー・お母さんの学びのためのナースリー

私の思い・・・。
子どものための保育環境はもちろんのこと、
お母さんの学びのためのナースリーでありたい。

保育士の子どもへの接し方やお便りに掲載された内容から
接し方のポイントとして参考にして頂いたら嬉しい限りです。

おやぎょうのインストラクターとして講座を進めていく中での
気づきがナースリーの保育に生かされています。

子どもの将来を見通した時に、今が大事なことを知って欲しい!!
そんな思いです。

勇気をもって、
乗り越える力をもち、
我慢することも兼ね備え、
自分を大切に、自信を持った子どもになあれ、
 
その基礎となる鍵は、乳幼児期にあることを・・。
しかし、親となった父・母は自分に向き合う試練も越えなければなりません。
その大変さをナースリーで共有したい。

子どもたちの輝いた目
そのまなざしにウソはつけません
私たちが正直に仕事に向き合わなければ・・

先生のお膝は安心のお膝
保育士も二つの足に子どもを抱っこして
嬉しいひとときです

私のお膝に誰が来てくれるかな
お膝に座ってくれてありがとう!!

2015年6月17日水曜日

親業訓練講座・・2講座 同時進行!!

おやぎょう春の講座・・2講座を同時進行しています。
プラス、フローの会とこの春は、忙しくさせて頂いています。

人数の多少にかかわらず、プログラムを最初から行いますので
私にとっても学びの講座です。

ひとりひとりの悩みや気がかりなことを、講座が終わってから
私に置き換えます。すると不思議なことに私の無意識の問題が
ひょっこり出てきます。
すると気づかされることが毎回あります。

その気づきが次の講座に生かされます。


梅坪台中学の生徒さんが職場体験にきています。
子どもたちは、お行儀よく
マットに整列です

絵本に集中!!
小さいけれど絵本をよく見ています

お姉さんのおはなしに
子どもたちは、飛び出して「これこれ」
前に出てきます
受け止めてもらえると自然とマットに戻ります

 

2015年6月15日月曜日

職場体験の中学生の質問①~⑫


*子どものことで質問
 
①ケンカをした時
②大けがをしたとき、具体的にどのような対応をしますか。
③泣いてしまったとき、怒るのか優しくするのかなどの判断はどうしていますか
④子どもに心を開いてもらうために、何に心掛けていますか
⑤接するうえで、絶対に忘れてはいけないことはなんですか。
⑥プールで、先生が気をつけていることは何ですか
⑦食事のとき、子どもにしてあげることで、気をつけることはなんですか。
⑧性格によってどのように対応を変えていますか
教えることで、一番大切なことは何ですか
⑩お昼寝をしている間や⑬帰ったあと、先生はどのようなことをしていますか

*先生のことで質問
⑪帰りは何時くらいですか。早い時は、
⑫朝、どのくらいの時間に出勤しますか。

この質問内容をよんでびっくりしました。
観点がしっかりしている。感心です。
将来、いい保育士さんになってくれたら嬉しいです。


そこで、スタッフ一人一人に、あなたが答えるとしたら・・・と。
勉強の機会にしました。
とってもいい勉強をさせて頂けます。



毎日のリズム体操
時間からすると15分位ですが
このリズムは、子どもの発達を促す点では
本当によく考えられた運動です。
毎日の積み重ねが大きいです。

さくらさくらんぼ園は埼玉県にあります。
そこの園長先生の斎藤公子先生が考案されました
最初は、障害を持ったお子さんたちが
お母さんと一緒にされたそうです。
健常になられたお子さんの
記録がいっぱい出版されています。

ナースリーのリズム体操は、本場のリズムより
変形しているかもしれませんが
小さな子どもたちが喜んでできるように
私たち保育士も一緒に飛んだり跳ねたりしています。




 

2015年6月12日金曜日

夕方のこと

お母さんがお迎えに来ました。
「A君、お母さんだよ!」
お母さんを見た途端、寝そべりぐずぐずしてちっとも靴がはけません
A君 「お腹がすいた!」
お母さん 「すぐに夕ご飯でしょ」「早く帰ろうよ」
A君 ぐずぐず言ってちっとも靴が履けません

こんな光景はどこでもありますね

産まれてから、嬉しいことや楽しいこと と
子どもは思い通りにいかないことがあります

このような時いろいろな選択があると思います

皆さんの選択は何通りあるでしょうか?

『これを小学校がたびたびやっていたら・・・困りものです』



リズム体操の「きんぎょ」
脱力の運動です
全身がゆらゆらしています

先生と一緒に「きんぎょ」運動です
上向きと下向きの両方をやりました

くすぐったい!!
大笑いです

2015年6月11日木曜日

お砂あそび

今日の朝、庭に出てちょこんと座っていると、子どもたちが
お砂の「おごちそう」を次々に持ってきてくれました。
「もぐもぐ・むしゃむしゃ」
「美味しい」「美味しいね」
「お代わり!」

何度も何度も続きました。
容器に砂を入れての・・見立て遊びです。

砂の感触もひんやりして気持ちが良かったです。
子どもたちとの単調な時間が・・気持ちいい!!



「馬」
ハイシ・ハイシの曲で進みます
先生のまねっこで覚えていきます

先生のお膝にのって進みます
「私、O先生のお膝がいい」
しかし、先着がいました
「いっしょに乗ろうか?」の誘いに
納得がいきません
これも大事な時間です、ゆっくりと思いを聞いて
解決へ

先生の手遊びに体もこころも
全開
おもしろい!!


「自転車」の曲に合わせて足をこぎます
両手の広がり具合もいいですね
体全体のバランスがとれています
写真がななめでごめんなさいね

2015年6月9日火曜日

『私のこと』

日曜日と月曜日の二日間、座禅会に参加しました。

その時の

茶話会での話ですが、「自分らしく生きる」「自分の人生を歩む」
など「自分」が登場します。

その「本来の」「本当の」 自分を見つけてこそ
自分の人生を歩むことができる
(自分って、わかっているようで、わからいのが自分)

座禅は、その自分探し・・・と。


男の子は自動車が大好き
トラックやショベルカーなどなど
形や色の特色に惹かれるのですね

自動車が大好きなT君
本を広げてこれこれ!と
教えてくれました

りズム体操で
Mちゃんは、足の親指を立てています
この年齢では、なかなか
難しい動作です


両腕の力と足のバランスで
前進と後ろへ下がるリズム体操です
ひとりで!
ひとりの力で進む快感を知っていますね
 

2015年6月6日土曜日

父母懇談会を行いました

お父さん・お母さん・おばあちゃんのご出席ありがとうございました

限られた時間内でしたが、それぞれが知り合うことを目的とした
 父母会を盛況のうちに終えることができました。

お忙しい中ご出席いただきありがとうございました。

西田からは、ナースリーの柱となる考えをおはなしさせて頂きました。
 ちょっと堅苦しくなりましたが皆さんの真剣なまなざしが伝わってきました。

各クラスの保育士からは、現場の声をお伝えしました。

おやつの試食はいかがでしたか??

駆け引きのない子どもたちと過ごすことができ本当に幸せです・・・実感です!!

2015年6月4日木曜日

親になることは・・・能力と努力がいやおうなしにかかってきます

子どもは、社会に通用する一人前の人間に育てられます
そのために、子どもは「しつけ」として教えられ、我慢することもたびたびです
思い通りにならないことで我慢することの経験をすることは大事なことです

ただ、その我慢のさせ方にコツがあります
私は、そのコツを子育て中のお母さんに是非知って欲しいと思っています

風船とコップのお話です
子どもの気持ちの風船がパチンとはじける時が、かんしゃくです
子どもの欲求をコップに見立てます。コップのお水をごっくんと
飲む方法を使って、少し冷静にゆとりをもって・・・語りかけましょう

文面でご理解いただくにはちょっと自信がありません。
どこかでお目にかかれるといいな!!と思っています。

先生のお膝の上で
上手に脱力で来ています
ゆらゆらが気持ちいい


とってもリラックスしています
柔軟な体は柔軟な心につながります 

先生大好き
両腕と肩の力を抜いてお手本ポーズです

2015年6月3日水曜日

ナースリー主催・・講演会

広報とよたにも掲載させていただき、ナースリー主催の講演会
を行いました。テーマは、『子どもにわかる共感ってなあに!!』
せっかくの愛情も伝わらなくてはもったいない。
~親業のスキルでこどものこころへ~

三匹のこぶたの絵本で自立という観点から、こどもの
『泣く・怒る・ぐずる』・・・の大切さ
ポイントは風船の感情を出し切ること

子どもの気持ちをお母さんが飲んであげましょう
「分かっているからではなく、言葉で言ってあげましょう」
「あの玩具が欲しいのね」・・・のように。

お母さんも自分の気持ちに正直に。
子どもに話すとき・・私を主語に
 「お母さんね、今休憩したいの」・・のように。



リズム
「馬」の曲に合わせて前にすすみます
先生たちの姿にまねっこです

先生のお膝の上で脱力です
きんぎょの曲に合わせて
ゆったりとします

先生の顔を見ながら
全身の力を抜きます
一対一のうれしいひとときです

2015年6月2日火曜日

感情を表出する機会が大事!!

かんしゃくやけんか・いじめや文句は子育ての中でも対応の
難しい、でもおなじみのテーマです。ここでは、子どもが動揺して
いたりてがつけられない状態にあるときも、泣いたり震えたり、
汗をかいたり、かんしゃくをおこしたり笑ったりの機会が与えられれば、
ちゃんと自己信頼を取り戻すことができます。

このような身体的な感情表現こそが、子どもの心に突き刺さった
トゲを抜き、子どもが再び愛情いっぱいの、賢く柔軟な自分自身に
戻る手助けになることを忘れないでいたい。

                              西田