2015年4月30日木曜日

≪お散歩≫ 気持ちいい!!


緑がいっぱい、気持ちいい!!
身体もこころものーびのび!




登り坂・下り坂は運動機能を促す
最高の場面です
 

ちょっと小休止で
記念撮影

枯葉が最高の玩具に変身!

2015年4月28日火曜日

玄関の改修工事をします・・・6月頃から

玄関の改修工事をします。 6月頃から始めます。
現在の玄関扉の老朽化と安全性の確保のために行います。
愛知共同募金会(赤い羽根)の交付金によるものです。


子どもの命を守っている『白いわっか』
赤いところまでおろして下さるようお願いいたします。

小さなことですが、ほんのちょっとのことが、事故につながりかねません。
扉を開ける皆さんの意識の高さに委ねるほかありません。

どうぞ、ご協力をお願いいたします。

                            西田

2015年4月27日月曜日

お母さんありがとう…ブーケのプレゼント

お母さんありがとう…ブーケのプレゼント
あさい先生のお絵かき教室
 
ひよこ組さんも今日は参加です
ちょっと手伝ってもらいましたが
いい作品ができました。

あさい先生です。
月に一回お絵かき教室の先生で来てもらっています
いろいろ考え、何を作ろうか?
みんなが喜ぶのは何かな??

みんな吸い込まれるように話を聞いています
初めてやることは何でもワクワクします
さあ、始めるよ!!

2015年4月25日土曜日

自然に見守られて




『自然に見守られて』

♪ 泥んこと太陽 ♪ という歌があります。
その歌のように、子どもたちは自然の中で育まれれいることを感じます。
大人の生活は、ボタン一つで家事が進んでいきます。
それなのに、忙しい、時間がない、まだやることがいっぱい・・・と
イライラしたり・不満だったり…しがちです。

水の冷たさ
風の心地よさ
太陽の光
空の雲
光の温かさ

私たちは、子どもとの散歩の中で感じます


2015年4月23日木曜日

子どもにレッテルを貼るということは・・・





子どもにレッテルを貼るということは・・・

『いいイメージのレッテル』

家の子は、 頑張り屋で!
  〃     いい子で!
  〃     優しい子で! 
 誉めてもらえることの視線が注がれることに
   本来の自分自身が出せなくなることがあります。

『良くないイメージのレッテル』

 家の子は、やることが遅くて!
   〃    気が短くて!
   〃    泣き虫で!
 その子が丸ごと良くない子になってしまい、
   自己評価が低くなる恐れがあります。

子どもを見るということは、
  実際に子どもが、言っている言葉
  実際に子どもが、やっている行動
  を言います。

何枚も絵を描いて・・・頑張り屋さんだね!
注意しただけで泣いて・・・泣き虫なんだから!


 
   

2015年4月22日水曜日

午後のひととき

お昼寝から目覚めた子は、ゆっくりまったりの時間を過ごします
私が部屋をのぞくとバランスボールでぴょんぴょんしている子
平均台にのっている子、おままごとのお皿を出している子
お庭に行こうとしている子・・・
どの子も保育士もゆったりまったりでした。

お部屋にいる子にみんなで撮ろうと
呼びかけましたが
なぜか女の子が集まりました。

ひとりの子が座ると次々に
集まりハイポーズ!!
写真に慣れています。

元気いっぱいのT君です
砂をすくいながら
ゴミ収集車!!フェンスの外を見ると
ゴミ収集車が通りかかりました
ちゃんと見ていたんだね!!

2015年4月21日火曜日

通称『ワーク』B班、第一回目オリエンテーション

今日は、B班の第一回 4時間『ワーク』でした。
年間20回行います。

私からのメッセージ
・経験がある人ない人。
・保育士の資格のある人ない人。
・入社してから長い人短い人。
・代表と主任以外は特別な手当はなし。
・みんな同じ待遇です。

一般的な会社は、係長・課長・次長・部長と昇進があります。
昇進すると権力が付きます。

資格をとって上に登り詰めるところもあります。
免許皆伝まで資格を取り続けることで上に登れます。

ナースリーはちょっと違います。
皆が一直線上に並んでいるような感じでしょうか??

ナースリーでは、何を目的とするか? 何が評価されるか?
それは、人間性であり、やりがいを求める姿であり、その人の在り方です。

人は、心の奥で人間としての真理を求めます。
その深さは、それぞれですが求めるものは同じです。
人としての土台に触れるナースリーでありたいと思います。


真剣そのもの!
ビーチボールがどんどん膨らんでいきます。
頑張ったね!!
幼稚園に行く前のひと時です。

2015年4月20日月曜日

バランスボール・リズム体操…取り入れている訳は??

 
子どもの成長に欠かせない全身運動
 
   子どもの脳は生後急速に発達します。
   手を握るのも順序があります。
   体も同様で、左右の腕の動く範囲が広がる
   寝返り・お座り・つかまり立ち・歩く・走る
   段差を登る・降りる
   言葉も、アーアーから、マンマ・ブーブー・あっち・・・
   子どもの発育は絶対に飛び越せません。
   
   そこで、さくらさくらんぼの『リズム・バランスボール・雑巾掛け』を
   行い、体の全体的な発達を促します。
   
 
先生の目をしっかり見て
信頼関係の上になりたつ ぴょんぴょん

『うつ伏せになり体の緊張をほぐします
力が入っているところなど
優しく優しくマッサージ』

『ハイハイ版
足の親指を使い一歩一歩
大切な運動機能を培います』

『上まで上がりました。
やった!!
大人が見ると簡単に見えますが
子どもは一生懸命登ります』

2015年4月19日日曜日

嬉しい再開・・・「わたし、二十歳です」


とっても嬉しい再開でした。
来年の成人式の着物姿を写真屋さんで前撮り!
その帰りに寄ってくれました。
「わたし、二十歳です」
歳月を感じるとともに嬉しさいっぱいです。





2015年4月17日金曜日

お母さんとのバイバイ・・・

お母さんとのバイバイに今日は泣けてしまいました。
お母さんも後ろ髪ひかれる思いで出勤されたと思います。
そんな時
保育士がいっしょに寄り添います。
ある時は、お散歩になったり
お庭に行ったり
好きなおもちゃのところにいったり


別れる涙をいっぱい流した後
先生の誘いでお絵かきに!
今日は、雨降りだったもんね
ちょっと落ち着いたR君

Hちゃん、いっしょにやろうか・・・
「うん」といい返事をくれました。
さあ、今からは元気なR君です。


落ち着いてくれてよかった!!

2015年4月16日木曜日

大掃除・・つばめのお部屋

大掃除・・・つばめのお部屋

 今まで倉庫みたいになっていたつばめの部屋ですが、
 今年度になって、スタッフの休憩場所、兼、事務仕事スペース、兼、収納スペース、兼・・・
 として使おうと、大掃除を始めました。

 大変、大変、・・・片付けってホント!!大変です。

 スタッフの皆が、使いやすいように、仕事の効率が上がるように、気持ちよく
 働けるように、思いは大きくです。

 

ナースリーの図書コーナーも移動しました。
子どもの世界が広がる絵本
好きな絵本が見つかるといいな!!

2015年4月15日水曜日

4月うさぎ組だより


 +.:゜☆゜:.+.:゜☆゜:.+.:゜☆゜:.+

 

  4  うさぎ組  だより ☆

 
「うさぎ組さ~ん 

 と聞くと

「。。。。。」

 
返事が無かった2週間前。

それがたった2週間で色々な変化が見られました!

 「うさぎ組さんだから、おトイレ行けるも~ん」

「うさぎ組さんだから、きゅうり食べられるも~ん」

「うさぎ組さんだから、1人で寝るんだも~ん」

 という様に

 「私も、僕も、うさぎ組!」

 と、いつの間にか自覚が芽生えているんですね♪

 
楽しいね♪嬉しいね♪美味しいね♪

悔しいね…悲しいね…怒れるね…

 11人、

一つ一つ、

 小さな感情と

小さな可能性を大切に

 
保育させて頂きたいと思います。

 
一年間どうぞ宜しくお願い致します。

 
      うさぎ組担

 
+.:゜☆゜:.+.:゜☆゜:.+.:゜☆゜:.+






2015年4月13日月曜日

平成27年度通常総会を開催しました。

平成27年度通常総会を行いました。

*平成26年度 事業報告の承認
*平成26年度 収支報告の承認
 
*平成27年度 事業案の承認
*平成27年度 収支案の承認

皆さん、「かんてんぱぱ」をご存知ですか?ナースリーのワークで以前
取り上げ方針や考えを学びました。
この会社が他の会社と違うところは、社員の意識変容がひとりひとりの
感覚の中に感じられるのだと思います。

朝の清掃、交通整理・・などなど強制ではなく勤務の中でもなくできることは
社員の心の中に、お客様に喜んで頂ける奉仕の気持ちが芽生えるのではないでしょうか?

人は、こころの深いところで、本来の意識変容を求めています?

ナースリーは、子どもたちの駆け引きのないところ、真に今を生きるところ
などなど、私たちの変容のきっかけがいっぱいです。

子どもから学び、スタッフの互いに助け合う雰囲気のなかで自らの
人間性に気づき・取り戻していくことを新たにしました。



豊田市福祉会館の一室を借りて
ナースリーの在り方を
模索します

2015年4月10日金曜日

子どもの遊ぶ姿・・輝いた目

子どもの遊ぶ姿は・・目が輝いています。
おままごとで、砂場の砂で、絵本で・・・その姿は吸い込まれるほど
生き生きしています。


ピーチサンダルを履こうとしています。
何度も何度もあきらめません。
向きを変えてみたり、自分が動いてみたり
さあ!思うようにはけるかな??

好みの絵本があるようです。
保育士さんの膝に入って一冊読んでもらいました。
さあ次は何がいいかな??
少し大きい女の子が読んでもらう姿も
ちゃんと見ていて模倣から刺激をもらっています

砂を容器に入れています。
ご飯のようです。
このような遊びを見立て遊びと言います。
身近にあるものを見立てた遊び
モデルはきっとお母さんです。

2015年4月9日木曜日

大好きなバランスボール


≪大好きなバランスボール≫

バランスボールの本来の目的は、うつ伏せか仰向けになって体を脱力させます。

だけど、子どもたちは調度トランポリンのようにぴょんぴょん跳ねることが
大好きです。
「000ちゃん」「ハイ!」
「12345678910」
「おまけのおまけの汽車っぽぽー、ぽーっとなったら代わりましょ!」

両足が同時に離れるかな?
膝のばねを使えるかな?
リズミカルな動きを楽しんでいるかな?
わたしと目を合わせることができるかな?

子どもの発達を観察しながら、みんなの満面の笑顔に楽しませてもらっています。

2015年4月8日水曜日

子どもに育てられる・・・お母さん

≪子どもに育てられる・・・お母さん≫

生まれた赤ちゃんは100%お母さんに依存しています。
異議申し立てをするときは、泣く・ぐずる。
少しずつ大きくなっていくと、意思表示の幅が広がります。

そんな時、お母さんは疲れていたり・やることがあると
ついつい怒れてしまったり、イライラした表情を見せてしまいます。

後から、そんなに怒らなくてもよかったのに・・と後悔します。

お母さんが、子どものせいばかりにしないで、自分を見直す機会に
なれば・・お母さんの成長(大人になる)に役立つように思います。

子育ては自分育てと言いますが、その通りです。
年中になりました
大きくなって・・びっくりです
会えて嬉しかったよ!!

両生ハイ
リズム体操の基本です
足の蹴りで進みます

あひる
ヨチヨチアヒルさん♪
曲に合わせて進みます
バランスを促す動きです

2015年4月7日火曜日

MAYU CYN ありがとう

≪MAYU CYN ありがとう≫

MAYU CYN 入学おめでとう
先生たちに手紙を書いてくれてありがとう。
みんなみんな・・喜んでいたよ。一字一字丁寧に書いてくれてありがとう。
いっぱいの思い出を忘れないよ!!



2015年4月3日金曜日

わたしを大事にしてくれる人がいる





≪わたしを大事にしてくれる人がいる≫

子どもは、誕生からお母さんやお父さんの保護を一身にうけ発育していきます。
その関係から『愛着』がはぐくまれます。
その愛着があるから子どもたちは、新しい関係を築くことを受け入れることができてきます。

始めは泣けてしまうお子さんに、保育士は寄り添い、お庭が安心できる子はお庭に
抱っこがいい子は抱っこで・・・子どもが安心と感じるまで無理をしないでお付き合いをします。

他人でも、自分を大事にしてくれるという体験は、子どもの中で生涯生き続けるでしょう。

2015年4月2日木曜日

うさぎ組だより


26年度も無事終わりました。

うさぎ組の子ども達のほとんどは幼稚園やこども園へ進級します。

1年前にはまだまだ小さかった子どもたちが本当に大きくなったな、と運動会や大きくなった会など行事毎に感じて来ました。

そしてこの1、2ヶ月の間は特に幼稚園、こども園へ行くことが決まって、子ども達自身も“お兄さん、お姉さんになるんだ!!”とやる気と自信に道溢れており、ビックリするほどのスピードで成長を見せてくれました。

別れはとても寂しいですが、グングン伸びるこの時期に一緒に過ごせたことをとても幸せに思います。

新しい場所でみんなが元気一杯過ごせることをナースリーから祈っています。

 
                                                                                                             うさぎ組スタッフ一同
 
 



 

初めてのナースリー

≪初めてのナースリー≫ お子さんもお母さんも不安でいっぱい

一歳くらいまでお家にいて、さあお母さんもお仕事始め
お子さんをナースリーに連れてならし保育のうちは、お子さんも元気に
遊んでいるのですが、いざ・・・お母さんと離れるとなると、「お母さんがいい・・・」
と玄関へお母さんを探しにいきます。

私たちは、「お母さんがいい・・・」と泣けてしまうお子さんをみて安心します。
それは、お子さんとお母さんとの愛着ができているからです。
なーすりーの保育士との関係で安心できてくると自然になじんできます。
私たちは、感情いっぱい出しているお子さんに寄り添い安心できるように
お外へ行ったり、抱っこしたり、おんぶしたりと付き合います。

その時に泣かないお子さんは、お母さんとの愛着がないかと言うとそうではありません。
時期がずれて泣き出す子もいますし、好きな遊びに紛れてしまうお子さんもいます。

ひとりひとりのお子さんのタイプでOKだと思います。

お子さんとお母さんとナースリーの絆づくりの始まりです。

                  

大きくなった会後の記念撮影
ナースリーのスタッフはお子さんの人数にすると
とても多いです。いざというときに集結する力と
子どもの個性に合わせた柔軟な保育ができるようにしています。


2015年4月1日水曜日

今年度でお別れのスタッフと新たな出会い

今年度でお別れのスタッフと・・・新たな出会い

◆一人のスタッフから熱い手紙をもらいました。
 ナースリーに始めてきて私とあった時のこと、そしてナースリーにいたことを
 誇りに思うと。・・・この一言が何より嬉しいです。

◆一人のスタッフとは、お別れの時に熱いハグをしました。
 涙・涙・涙でした。
 けど、帰る時には笑顔で・・・目を見合わせました。

出逢いと別れは付きものですが・・・その時々心に残るものがありますね。
今までは、雇う側と雇われる側の関係でしたが、これからは関係の形が変わり
つながります。

★今日から、新しい出会いの方々とお仕事ができるのも嬉しいことです。
 ご縁って不思議です。  そのご縁に感謝です。

 

今日から、おいしい給食を玄関に掲示します。頑張って写真をとります。

生揚げと野菜の卵とじ
しらす和え
味噌汁
ご飯