2015年3月30日月曜日

大きくなった会のごあいさつ

『大きくなった会」を行いました。
とよた市民活動センター
松坂屋A館9階



ひとりひとりの文面が書かれた手書きの
賞状を受け取ります。
「00ちゃん・大きくなったね・おめでとう」
『ごあいさつ』

保護者のみなさまご出席ありがとうございます。
ご来賓の皆様、お忙しいなかご出席ありがとうございます。
ここにお集まりのみなさん・・・ナースリーの門をくぐって頂きほんとうにありがとうございます。
昨年、ナースリーは20周年の記念の会を内輪でささやかに行いました。
その年月を振り返える時、発足から私どもの心にあったものが、『質のいい保育』でした。
そうすれば、きっと保護者の方もナースリーを選んでくださる。その一念で今日まできました。

ナースリーの門をくぐるお子さんは、3歳までの小さなお子さんです。
調度、一斉に野に生える『つくし』のようです。つくしは、太陽に向かって一本一本たくましく
伸びていきます。
この時期の子どもは、
 玩具が欲しいと思ったら・・欲しい
 おしっこも出ないと言ったら・・出ない
 食べたくないものは・・食べたくない
   他の子を見る余裕もありません。
   身体のために良いからなんて思いません。
   先生が忙しいからなんてゆとりもありません。
   心の余裕なんてない時期なんです。
その子どもたちの気持ちをひたすら汲み・受け止めます。
すると不思議なことに満三歳に近づくと、赤ちゃんらしさが抜け自立した子どもへ
成長します。
その姿を見た時ほんとうに「子どもの力」はすごいと思います。

現代社会は、ともすれば管理体制に縛られたり、お金のためだけに働く風潮がありますが
初心を忘れず、本来の目的を見失わないように努めてまいります。

子どもと共に過ごしたいと思います。
                               西田 泰子

2015年3月27日金曜日

うれしいひと時・・『ありがとう』



あいついで懐かしい方にお会いしました。

中学1年生の男子生徒さん、1歳からナースリーで育ったお子さんです
 大きくなったというより、立派になって感動です
 自転車に乗ってヘルメットをかぶって、ちょっと見に来てくれました
 『ありがとう』

昨年の6月までいた男の子、幼稚園の年少さんです
 ナースリーに行きたい!!と言ってくれました
 本当に~嬉しい

ナースリー開設時に入園して下さったお子さんのお母さんです
 お会いできて・・懐かしさもひとしお!!
 『元気だった・・・?』 胸が熱くなる思いでした
 その時のお子さんは、もう大学生

一昨年の10月まで働いていた調理師さん。こころざしがあってナースリーを
 卒業されました。こころざした、四国八十八か所のお遍路さんを満願され
 会いに来てくれました。 働いていた時の関係は変わりましたが、今でも
 つながっていると思うと嬉しくなります

                      ・
                      ・ 
                      ・
                   『ありがとう』

2015年3月26日木曜日

リズム体操・バランスボールの成果


雑感

 
 あさい先生のお絵かき教室を始めました。その都度テーマがあって、初回は『絵の具』を使いました。今回は、『のり』を使ってペタペタと丸や三角・四角に切った色とりどりのものを画用紙に貼って遊びました。

 
  その活動を見ていて、子どもの発達が見えてくるのです。テーマの内容よりも絵の具やのりに触れその感触を楽しむ子、ペタペタと貼ることが楽しくて紙をいち面に載せる子、でき上がりをイメージしてそれを形にする子。ひとりひとりの活動は、まさに《子どもの今》の姿を表します。成長発達の過程は、飛び越すことができません。

「○○ちゃんにはこの遊びを好きなだけさせたいな??」「○○君の作品の出来栄えに新しい一面に感心したり」・・・作品からその子が見えてくるから不思議です。

 
  子どもの成長発達に一役かっているのが、毎日のリズムやバランスボール・雑巾がけです。

体の動きがひとつひとつできることで、脳細胞に伝達され、おっしこの自立、言語面での発語が増えたりできることが増えてきます。

 
  その成果を見たようでした。                

                

2015年3月24日火曜日

ふっと立ち止まった時に・・・

私たちの仕事の目的はなんだろうと、自分に問いかける機会がありました。
普段は、分かりきっているじゃない。と過ぎてしまいがちになりますが、今回
心に留めて考えました。

何といっても、『保育の質』だと思います。

教師は、教科書があって指導要領に沿って教えます。
医者は、症状に合わせて薬を処方します。
保育分野では、保育指針に沿って一人一人の個性に合わせて保育します。

どんな職業でも、根底に人間味があるかないか=人の立場に立って考える
ことができる・・その人間味があってこそだと痛感します。

保育の目的を達成するために、細かなルールや管理が発生します。
その管理項目が、行政の監査項目に当たりますのでその管理項目が
整うように書類整理に必死になってしまいがちです。
これもおろそかにできない大切ことですが、本来の目的がどっちだったか
勘違いすると置き去りになるのが『子ども』です。

何か事故があった時に、何か問題が起きた時に・・きちんと証明できる
書類の完備がないと責任を追及され不利になってしまいます。

近年、本来の目的よりも管理体制を整えるためのことが重要視されているように
思います。忘れてはならない・・『愛情をもって子どもと関わる』ことに、保育士
一人一人が精進できるような仕組みを崩さないように、肝に銘じて取り組みます。

                                   西田 泰子






子どもたちの輝く目を大切にしたい

2015年3月23日月曜日

ひよこ組だより


気がつけばもう3月半ばを過ぎ、ひよこぐみさんで過ごすのもあとわずか…
日に日に愛おしさが増していきます。

よこぐみさんの成長はすごく、いろんな事ができるようになりました。

立っち・あんよ・ジャンプ・お山のぼり・言葉・二語文・おままごと・
お人形のお世話・小さい子や泣いてる子への優しさ・泣いた後の立ち直り・
喜怒哀楽・給食・お昼寝……

こんなに小さい体でたくさんの事を習得し、人間ってすごいなぁ!と
つくづく思う日々です。

 
これからのこどもたちの成長がとっても楽しみです!!












ひよこ組の可愛い顔でした

2015年3月17日火曜日

ぴょん組だより

午後からの様子
お昼寝
選んだ本を大好きな先生に読んでもらいます
 

どんな夢を見てるのかな?
ぐっすり寝たから、また遊ぶぞ!!
 

            実習生のお兄さんに「たかい、たかい」してもらい、ニコニコです



さあ、夕方・・・
軽食の時間です
絵本を見てから「いただきます」
今日は、おにぎりと野菜の煮物
おなかが満たされるとまたパワーが出ます
家の人のお迎えを待ちます
帰る時間は、皆、違いますが、ナースリーでの生活は自然に流れていきます
「また、明日、待ってるよ!!」
ぴょん組スタッフ
 

 
 
 
 

集団で保育する・・・一人一人の保育士に要求されること

〈集団で保育する・・一人一人の保育士に要求されること〉

「お母さん・お母さん・・・先生が000って言ってたよ」
一日の状況を話すことができる年齢のお子さんからは、子どもが感じた
ことや子どもの観点で、様子を察することができます。

しかし、ナースリーのような小さなお子さんの場合、保育園にそして
先生に一切を託すしかありません。

保護者の方々が、保育園選びに慎重になるのも良く解ります。
幼い命を預けるのですから。

子どもに目が向いていないな・・・ちょっとしたことで感じる動作
一人一人の子どもをちゃんと見ているだろうか・・・保育士の視線
集団保育の場で保育士同士の連携が取れているだろうか・・・保育士の機転

これらのことが、『保育の質』と問われるところでしょうか??
保育士の経験年数・性格・能力を互いにカバーできるフットワークを鍛えます。


朝のご挨拶
前に出て行きたい子はいますか?
僕も私も・・・
大きな声で「おはようございます」
♫季節の歌も大きな声で♫

2015年3月16日月曜日

保育士さんの勉強会・・ワーク

ナースリーハウスには独自の勉強システムがあります。
私たちは、通称ワークと読んでいます。
全体を二つに分けて、A班がワークの時はB班が保育です。
なんとかやり繰りをしてワークの時間をとります。
26年度は、一人一人が講師になって与えられた時間の中で『テーマを伝えます』
テーマはもちろんそれぞれが決めます。
人に伝えるのと聞くのでは、大違い・・自分のテーマはしっかり頭に入ったでしょう。
さてさて、27年度の勉強テーマは・・・本から学ぶ『昔話とこころの自立』にしようと
思っています。
各自で本を揃え4月からのワークにのぞみます。


ちごの口公園の落ち葉
ご飯やおかずになりました

幼稚園組さんと学童さんの夕方のひと時
落とし穴にはまってびっくりするのは誰でしょう?
ワクワクしながら作っています

2015年3月15日日曜日

『公平・平等・無差別』・・・集団保育の中で考える

『公平・平等・無差別』・・・集団保育の中で考える

集団保育の中でしっかりと押さえておかなければならないことです。
一人一人の子どもたちは、違った資質の持ち主・性格も動きもみんな違っています。
A君をたくさん抱っこしたから・・・不公平?
B君を他の子と離して個別で対応したから・・・不公平?
Cちゃんを抱っこで給食を食べさせたから・・・不公平?

時間という基準や抱っこしてもらった保育士の労力
をひとりひとりの子どもに平等に与えるとなると
必要な時の抱っこや向き合う時間に制限がきてしまいます。

観点は、時間や労力ではなく
その子・その子に必要と思う
感覚を平等に向けたい。
私はそんな風に思います。
                     西田 泰子




山台先生の笑顔が素敵!!
みんな、可愛い!!

2015年3月13日金曜日

ご縁ってありがたいです・・アジア保健研修所

玄関の花です
寒さのなか懸命に咲いています
 
日々の保育の中ではお花のお世話など
なかなか時間が取れません
スタッフの理都子さんが季節ごとに
植え替えてくれます。玄関が明るくなっています。


〈ご縁ってありがたいです・・アジア保健研修所〉

昨年 アジア保健研修所から数名の方が視察に見えました。
そのご縁でベビーカー・柵・ぬいぐるみを頂きました。
ありがとうございました。
ご縁って・・・ありがたいです。

2015年3月12日木曜日

寒くてもお外が大好きです・・風邪をひかない体ができていきます

お散歩前に皆で集合!
今日は昨日からの寒波ですごく寒かったです
それでも子どもたちはお外が好きです

ひよこさんのベビーカーは毛布をかけます
寒い顔をしているかな??

こっち向いて!の合図に
答えてくれました

べビーカーのなかで小さな戦いごっこ
男の子ですね!!
 

2015年3月11日水曜日

給食の後片付けを手伝いました

給食の後片付けを手伝いました
毎日、だいたい25食位を調理士さんは作ります
お米は一升・五分づきを炊きます。ほとんど完食します

今日のメニューは、
ご飯(五分好き米)
煮浸し(小松菜とさつま揚げ・ぶなしめじ)と
みそ汁(厚揚げ・ネギ・白菜)
豚肉のしょうゆ焼き
キウイフルーツ


使った食器や調理器具は煮沸消毒します
ぐらぐらの湯の中にしばらく入れます
これを取り出すときが大変!!

煮え立った湯がピチャピチャと飛びます
これも熟練を要します
やり終えると・・ヤッター・・・と心地よさを味わいます



味噌づくりをしました
ナースリーのみんなが食べる味噌
手つくりの味噌をいつも食べているんですよ

グラグラ煮える豆
沸上がった豆・・すごく美味しいです



2015年3月10日火曜日

子どもたちを集めて・・・


子どもたちを集めて、大きくなった会の
話をしました。
お父さんやお母さんやお客様が来てね・・・と。
なんの話か分からなかったけど
私の顔をよくみてくれました。 


集合写真です
子どもの数と先生の数は
どっちが多いでしょうか?
いろいろな形態で
たくさんの保育士が関わっています

最近の子どもたちの自信に満ちていること・・・
大きくなった会で歌う
「どろんこと太陽・手をたたきましょう」
楽しみに聞いて下さい。 

2015年3月9日月曜日

大きくなったで賞・・を書きます

大きくなったで賞・・を書きます

一人一人に『大きくなったで賞』の文面を書きます。
上手な字ではないですが、お子さんの顔を思い浮かべながら
一枚一枚書いていきます。

私の顔は、にんまりしたり・笑ったり・・・しばしばペンの手が止まります。
子どもたち同士の関わりは本当に楽しく・自分が出せるっていいなあ!
と元気をもらっています。

さてさて、どんな姿で賞状を受け取ってくれるかな?


梅の花もほころんでもうすぐそこに春がきています



さあ!集合写真を撮りますよ。
その最中に「僕おしっこ!!」の
お友達もいましたね。

2015年3月6日金曜日

うさぎ組お別れ遠足

〈うさぎ組 お別れ遠足〉

今日は、うさぎ組のお別れ遠足へ行ってきました
登園するときからリュックに水筒・お弁当箱でウキウキです
子どもたちは、本当に純粋だと思います
これだけの遠足で大大満足してくれるのですから!!
その純粋性を壊さないよう・純粋な色を塗り替えないようにすることが
私たちの仕事です
梅林公園は梅の花の真っ盛りでした  西田



2015年3月5日木曜日

年度の変わり目にあたり

『年度の変わり目にあたり』

時の流れはあっという間で、もう新年度を迎える時期になりました。
平成6年に開設しましたから、21年が過ぎたことになります。
とにかく、「質のいい保育をしよう」・・そうすれば必ずナースリーハウスを
求めて来て下さる。
行政からも社会的にも、いちランク下に見られている認可外保育園を存続させる
には、「子どもたち、ひとりひとりを大切にした保育=質のいい保育」を目指し
スタッフが一丸となってここまできました。
21年の歳月では、保育士から保育士へ受け継がれた積み重ねが、今の
ナースリーです。
とても感慨深い気持ちです。
                    西田 泰子



みんな集まれ
こっち向いて!!さあ撮るよ!
今日はスムーズに撮れました。

2015年3月3日火曜日

ひな祭り会

ペープサートでお雛様を熱演

ちよっぴりすまし顔

お手製のお雛様
3月3日 おひな祭り会を行いました。
折り紙の小さな箱に 雛あられを入れてもらいみんな大喜びで食べました。

私もちいさな頃にひな壇の中に入って、いつもと違う雰囲気で楽しかったことを
覚えています。

みんなが、無事に大きくなりますように!!