2012年12月19日水曜日

ひよこ組だより




「わたしのもの」 ~ひよこ組より~

 

「○○ちゃんの!!」

「あ゛~!!」

 

こども同士でぬいぐるみを取り合っています。

最近よくある保育室での光景です。

 

あらら、はじまったなぁ・・・と保育者は少し身構え、

ケガのないよう、必要があれば言葉の橋渡しをしながらも

ちょっと嬉しい気持ちで見ているのです。

 

「わたし」が育っています

その圧倒的な存在感

誰にも邪魔されず 力強く たくましく

「わたし」が育っていくのを見守っていきます。

 

ひよこ組担任

2012年12月15日土曜日

おやぎょう 最終号




おやぎょう 最終号

おやぎょうの講座の中で最初にお話しするのですが、コミュニケーションの最初は
『自分である』・・これを自覚していないと、大きな間違いを犯してしまいます

先生・親・上司・・などいわゆる権力を持つと、「A君が友達を叩くからお母さんや
周りが嫌な目で見られるのよ」・・・言い換えると、あなたのせいでお母さんが嫌な思いを
するのよ。

わたしが感じた嫌な思いは、私が解決の責任を負う。そのために子どもへ伝えるべきことや
話し合いが始まります。

子どもの問題とお母さんの問題が一緒にならないように解決の方法を見つけられる
話し合いの仕方が学べるのがおやぎょうです。

★おやぎょうのスキルは本を読めば学べるでしょう。しかし、おやぎょうの講座では
メンバーやインストラクターとのやり取りから、もっとたくさんの気づきや学びがあるでしょう。
その出会いがあなたを目覚めさせ大きく変容させることになるでしょう。

これでひとまず「おやぎょう』を終わりにします。
是非とも講座を受講して頂けますようお待ちしています。  西田