2011年10月28日金曜日

子どももスタッフも育てられています







≪子どももスタッフも育てられています≫


集団の中で子どもも育まれていますが、スタッフも集団の中で育まれています

調度、大家族のような感じです。スタッフが人間的に社会的にそして思いやりのある

人間に育っていれば、そこで育まれる子どもたちも大切に育てられます


ーこの話を聞いて皆さんはどのように思いますか?ー

お父さんとドライブしている小学生の子どもとの会話です

父:「この間、ホームセンターですごくいいものを買ったんだ」

子:「えー何を買ったの」

父:「ネズミ取りってしてるか?スピード違反を取り締る隠れた警察がいるんだよ」

  「それを事前にピピピ・・と教えてくれる機械なんだ、いいだろう」

  「これで、捕まらないですむんだよ」

何気ないですが、実はお父さんが言っていることは、「世の中のルールは見つからなければ

違反してもいいんだよ!というメッセージを伝えています」

子どもは、『親の背中を見て育つ』とはこの事だと思います


一つの事業所としてのナースリーハウス、先輩から後輩へと保育が受け継がれますが

見ていないところで手抜きをしない保育士に育つよう…私は手本を示したいと思っています














2011年10月17日月曜日

冷静に眺める子どもの目





≪冷静に眺める子どもの目≫

A君とB君のけんか

A君の言い分は、僕の作ったスペースに入ってこないで!

B君の言い分は、一緒に遊びたかった!

二人の言い分は、なかなかかみ合いませんでした

それを見ていたCちゃん

本当に冷静に心配そうに見て私の顔を覗き込みました

私は、二人の気持ちを言葉に出して言ったのを聞いてほっとしたようでした





2011年10月3日月曜日

子育てほど、お母さん自身の内面に関わるものはない





≪子育てほど、お母さん自身の内面に関わるものはない≫


子育てほどお母さん自身の感情や動きに影響を与えるものはありません

愛情を持って育てる

子どもを可愛がって育てる

怒れてしまったり

イライラしたり

感情的に当たってしまったり

これほどお母さんの内面に関わる逃れられないことはないですね


心の持ちよう

考え方

生き方について

考えさせられますから不思議です