2009年12月28日月曜日

おんぶ



≪おんぶ≫
 ・
 『おんぶさ』れるのも、『おんぶ』するのも
 大好き!
 背中にぴったりくっついて
 温かさと
 安定感と
 子どものおんぶは、自分がされていることを想像します
 そして、大人からしてもらうことを覚えていきますね
 微笑ましい姿です




2009年12月17日木曜日

教育とは保育とは・・・



≪教育とは保育とは…≫
        ・・・
 思いやりを育てる・やさしい子になる・あいさつができるようになる
 みんなで楽しく力を合わせ・・・・
       ・・・
 その価値を教えることで子どもたちの中に取り入れることは
 できない
       ・・・
 まず率先して私たちが心から実践することが
 本当の教育であり保育です
       ・・・
 私がどんな自分になるかが問われるところです


2009年12月16日水曜日

保育の原点は・・・



≪保育の原点は・・・≫
 保育のニーズも社会のスタイルに変容しています
 でも、原点は?と問うと
 やはり、子どもの成長にポイントを置いて『子どもに愛が伝わるように』
 ひとりひとりが愛されていると思ってくれるような保育…そのために
 こっち向いてのサインが分かると・・・「わかったよ!!」
 分かって欲しいのサインを受け取ると・・・「やりたかったんだね!!」
 懸命に子どもの気持ちに寄り添える保育ができるように
 頑張ります


2009年12月15日火曜日

クリスマス会



≪クリスマス会≫
 ナースリーハウスにサンタクロースがやってきました。
  北の寒い国からお土産いっぱい持ってきてくれました。
  サンタさんのお歳は、73歳でした。
 泣けちゃった子のいましたが、楽しいクリスマス会でした。


2009年12月10日木曜日

いじめっ子



≪いじめっ子≫
  いじめる子というのは、必ず、心に淋しさや
  満たされない思いを持っている存在なのです。
  ですから、叱ることで問題を解決することは不可能
  なのです。
      今日からやさしいお母さん 
      心にひびく子育てのことばより  平井信義著
  子どもが小さい時期に、だれからも愛されることが本当に必要です
  大きくなってくると…その難しいこと難しいこと
    


2009年12月8日火曜日

親が敷いたレール



≪平井信義著 つくづく感じること≫
  長い間相談事業をしていて、つくづく感じることを
  結論的に言えば、親たちが敷いたレールの上を
  走らせようとしないことだと思うのね。
      今日からやさしいお母さん
      平井 信義 心にひびく子育ての言葉から


2009年12月7日月曜日

『メモ』書き


『ボロボロの紙は、ゴミ箱へ』
1、人がうらやむものを たくさん持っているものを 分け合うと
  あげた人も皆と同じように、幸せな気持ちになる
2、人に与えることや、人が喜ぶことは自分に返ってきて
  自分も幸せな気分になる・共感できる
3、見た目ではなく心のきれいさ
4、本当に大事なのは、見た目なのか、内面なのか、自分だけが
  幸せなのか、それとも周囲も幸せなのか
5、ほめられたい
6、分かち合うことの喜び、プライドやエゴで自分をかためない
7、宝を持っているだけでは幸せになれない、他者との関わりの
  中に幸せがある
8、幸せは物や量ではなく、分かち合える相手がいるかどうか
  幸せは分け与えて無くなったり減っていくものではなく、
  分かちあえば何倍にも増えていくもの
いつこのメモを残したのか、私が書いたのかすっかり忘れてます
なんとなく捨てきれない文面なのでここに載せさせてもらいました
ちょっぴり教訓めいていますが、これでボロボロの紙は、ゴミ箱へ・・・