2008年12月27日土曜日

居心地のいいところ




≪居心地がいいところ≫
  職場・家庭・グループ・・・などなど
  居心地のいいところがいい!
  子どもも・お母さんも・お父さんも・スタッフも・みんな
  居心地のいいところがいい!


2008年12月25日木曜日

ナースリーは大家族のよう







≪たくさんの子ども同士、大人との触れ合いは素敵≫
     ナースリーは、大家族のよう
     みんな身を寄せ合い 関わってる
     笑いあり
     涙あり
     取り合いあり
     和解あり
  ・
     みんな安心して自分を出して
     先生をいっぱい困らせて
     いっぽいっぽ 大きくなっています




2008年12月24日水曜日

中学生のお姉さん、職場体験ありがとう




≪中学生のお姉さん、職場体験ありがとう≫
   ナースリーハウスにも、豊田市内からいくつかの中学生が
   職場体験に来てくれます。
   子どもたちは、最初はおそるおそる眺めていますが、
   その内に自然に馴染んでいきます。
   中学生の皆さん!
   将来の道が見えるといいですね!!
   又、遊びに来てください

2008年12月23日火曜日

愛着を深めるための癒しのステップ・・続き






≪愛着を深めるための癒しのステップ≫
step5 優しく、軽く、体に触れる
 
   タッチは、信頼や親近感を示しますが、虐待を受けた子どもには
   タッチが暴力でないことが分かるまで時間がかかるでしょう。
step6 癒しを目的としたマッサージをする
   接触をもう一歩深めてマッサージをしてあげましょう
   学童期や青少年には背中をなでてあげましょう。
   お子さんも親も心癒される時間です。




2008年12月20日土曜日

愛着を深めるための癒しのステップ・・続き







≪愛着を深めるための癒しのステップ≫
step3 年齢に合わせて子どもを抱く、抱擁する、抱きしめる
   ・
        子どもはいくつになっても抱きしめるもの
        「抱き癖」を心配する必要なし!!
step4 親子が同じリズムを感じる一体感を持つ
     ・
        リズムをつけて、前後、上下、左右に静かに揺すります
        リズムに合わせることで信頼されたという喜びや、子どもと
        一体に慣れた満足感を味わうことでしょう



2008年12月19日金曜日

愛着を深めるための癒しのステップ






≪愛着を深めるための癒しのステップ≫

step1 目を合わせる

    愛着に問題のある子どもは、目線を合わせません

    ですから、最初は子どもの目線の高さに合わせて

    座ったり、ひざまずいたりしましょう

step2 互いにほほえみ合い、笑顔に必ず応える

人間関係でいちばん心を和ませるものは

    母親の笑顔です

    子どもがいとおしい、かわいい、子どもがいるのが

    楽しいという気持ちが子どもに伝わります






2008年12月18日木曜日

子育てって何をすることなの?




≪子育てって何をすることなの≫
 『親が子どもに与えるいちばんの財産は、お金や不動産ではなく、
  自信を持って独立し、人生に立ち向かえる能力ではないでしょうか。』
 
 『安定した愛着関係は、子どもを一生幸福にする 「鍵」 であり、すべて
  の親が子どもに与えることができるプレゼントなのです。』



2008年12月17日水曜日

サンタさん登場


サンタさん登場
 おっかなびっくり 興味しんしん
 サンタさんが帰る時、真っ先に玄関へ・・・
 ソリはどこ?? トナカイはどこ??・・・
    ささやかですが、楽しいクリスマス会

2008年12月11日木曜日

なんでもイヤ!!


≪なんでもイヤ!!≫
 子どもの成長期には なんでもイヤ!! の時期があります
 お散歩に行くよ  イヤ!
 お話があるから集まって イヤ!
 ご飯を食べるよ イヤ!
 なんでもかんでも イヤ!
    イヤ!の道を通って 自分を確立していくのですね
 心配しないで、通り過ぎるのを待ちましょう

2008年12月10日水曜日

MY玩具について…アンケート結果に寄せて


  MY玩具について…アンケート結果に寄せて
 調度、アンケートを配布した時期に、玩具を持ってくるお子さんがいました。
これほどたくさん継続的に持ってくるお子さんは、今までいませんでしたから
正直言って私たちも目を丸くしました。が・・・・Aちゃんはその玩具をお友達に
貸してあげることで、みるみる自信をつけていくことが解りました。
 帰る時に大事な玩具が見当たらなくて帰りが遅くなったこともありました。A
ちゃんが玩具を持ってくることで、他の子を刺激したこともありました。・・・が、
周りのお母さんたちが、わが子に対して「家では持ってこない」など我が家の
価値観を伝えてくださり協力的だったことも幸いしました。Aちゃんのお母さん
も子どもをそっと見守ることができたことは良かったと思います。
 もちろん、たまには親の目を盗んで黙って持ってくる子の愛嬌もありました。
 私は、Aちゃんが自信を持って活動的に遊び、子ども同士の関わりを喜んで
いる姿を見て、≪たかがおもちゃ・されどおもちゃ≫タイミングや環境がそろった
時の玩具のパワーをみました。
 子どもにとって、その子にとっての「大切さ」が分かる保育士でなければ・・・
と思いました。

2008年12月2日火曜日

庭掃除をしました


≪庭掃除をしました≫
 お庭の端っこで草取りをしていました
 ・
    すると、YちゃんとT君がよってきました。
 土とゴミを分ける「ふるい」をやっているのをみて・・・私も!僕も!
    私のやり方をみて 上手にできました
 砂場の砂をやわらかくしていると
 ・
    YちゃんとT君もついてきました・・・私も!僕もやりたい!
    私の行くところ、行くところについてきて お手伝いをしてくれました
    大人のやることに興味津々
 私の後を「金魚のフン」のようについて歩いているその光景が面白かったです

2008年12月1日月曜日

山登りの話


≪山登りの話≫
 人は、人生の中で目標をもち、自分の道を歩み始めます
 山登りは、始めはなだらかな道で、いつでも容易に引き返すことができます
 あっちの山にしようか、こっちの山にしようか、迷う時期もありますね
 私の道は「これ」と決め、さらに進んで行きます
 山道は、少しづつ道幅も狭く、急坂になってきます
 自分の仕事を自分として情熱を持って歩みます
    山は、次第に険しく、突風も当たります
    突風に吹き飛ばされないように、しっかり地に足をつけなければなりません
    そして、ここまで来たらもう引き返すのは容易にはできません
    厳しさの中・・・山を登る私たち・・・ひとりひとりの子どもたちが健やかに育つには
    できることを一歩一歩・・歩みます