2008年6月27日金曜日

お母さんがテープレコーダーになってあげましょう


お母さんがテープレコーダーになってあげましょう
    子どもの声を お母さんが録音
 ・
    お母さんが 再生してあげましょう
子どもの声  「Aちゃんがおもちゃを貸してくれない」
お母さんが録音します  「Aちゃんがおもちゃを貸してくれない」
お母さんが再生します  「Aちゃんがおもちゃを貸してくれないのね」
    子どもが求めていること
     ・
        分かって欲しい
        こっちを向いて欲しい
        愛して欲しい

2008年6月23日月曜日

会話の主語を意識したことがありますか?


あなたメッセージ…会話の主語が「あなた」を言います
  (あなたは) どうしてこんなことができないの!
  (あなたが) おもちゃを散らかしたのね!
  (あなたは) ちゃんと洋服をきなさい!
  (あなたは) お行儀よくできないと 幼稚園へ行けませんよ!
わたしメッセージ…会話の主語が「わたし」を言います
  (わたしは) 00ちゃんができないと心配になるのよ
  (わたしは) 00ちゃんがおもちゃを散らかすと困るの
  (わたしは) 00君が洋服を着ないと時間がなくて困ってしまうの
  (わたしは) 00ちゃんが椅子に座ることができなかもしれないと心配なのよ
あなたメッセージとわたしメッセージの比較して子どもとお母さんの感じを
見て下さい

2008年6月19日木曜日

いろんなイチゴ発見!!


イチゴ狩りに行ってきました。(農家のおじさんのご厚意に感謝です!!)
水栽培で衛生的なハウスで、イチゴが実っている高さがちょうど子どもの目の
高さもあって、取りやすかったです
 イチゴにいろんな色があることや
 イチゴが葉っぱやツルからぶら下がっていること
 イチゴに酸っぱい味や甘い味があること
 イチゴの大きい小さいがあること
 イチゴの収穫って面白い(車輪付きの椅子に座って収穫です)
畑にいくと、色々な体験ができるから 嬉しいです
今度はビワを食べに行きたいですが、
  鳥が先に食べていないか…心配です

2008年6月18日水曜日

?これって、何が起こっているの!!


子どもの気になる行動・・・・
 ふたりの子ども。 上のこと、どうも気が合わない
 子どもがなぜか自分を避けてる気がする
 子どもを抱っこしたいと思わない
 知らない人にはなれなれしくするのに、同じ年の友達ができない
 =やたらとうそをついたり、動物をいじめたりする
 転んでけがをしても、私のところに泣きついてこない

2008年6月13日金曜日

自分を防衛する・・「うそ」

うそ

子どもが「うそ」をつくのは、自分のしたことで
親から叱られたり叩かれたりした経験があるからです。

子どもはまったく悪意なく、親のものを破ったり壊したり
することがあります。

そうした失敗は誰でもするものです。
ところが、それを親たちに叱られるようなことがあると、
叱られるのはいやだから、「うそ」をついたり、
ごまかしたりするようになります。


子どもは、自分で自分を防衛します。

2008年6月12日木曜日

愛ってなんだろう(リジョイスより)


愛ってなんだろう
愛って なんだろう
その人のなかに
いま ここに 生きている
いのちを 感じること
愛って なんだろう
いい わるい で判断しないで
そのひとのすべてを 意味のある
大切なものと 感じること
愛って なんだろう
そのひとを 見るだけで うれしい
そのひとが いるだけで うれしい
そんな 喜びを 感じること
愛って なんだろう
自分が いちばん 深いところで
価値あると 感じているものを
その人のなかに 見出すこと
だから ひとは 愛されるとき
自分は
生きていていいんだ
存在するだけでもいいんだ と
感じるだろう

2008年6月10日火曜日

お誕生日おめでとう


3歳児くらいになると、お誕生日をとっても楽しみにします。
「きょう、わたしの誕生日だよ!」  と
出会った先生に次々に・・・「きょう、わたしの誕生日だよ!」
  この喜びを・・・みんなで
  お庭で…並んで…ラムネ菓子で・・ ♪ お誕生日おめでとう ♪
  を歌いました。
本当に嬉しそうでした。大きなおもちゃも嬉しいですが
みんなでお祝いも また格別でした。

2008年6月6日金曜日

大切に・大事に!


子どもを大切に・大事にしたい
 大切にされた子は・・・安心感をもちます
 大事にされた子は・・・大事にされた人とのつながりを感じます
     目と目をしっかり合わせて
     あなたのことを、見ているよ・・・と
 人を大切にすることがどういうことかを、解る大人に囲まれて子どもを育てたい

2008年6月2日月曜日

子どもへの贈り物


≪子どもへの贈り物≫
   親が子どもに与えるいちばんの財産は
   ・
   お金や不動産ではなく
   自信を持って独立し
   人生に立ち向かえる能力ではないでしょうか
   安定した愛着関係は、子どもを一生幸福にする「鍵」であり
   すべての親が子どもに与えることができるプレゼントなのです