2008年2月29日金曜日

いたずらを受け入れる 大らかさ

≪いたずらを受け入れる環境を≫

おままごとのポットに、知らない間に水が!!

お手伝いの雑巾が水浸し

お庭の砂をお部屋に持ち込んだり

クレヨンで床にガーガー

カーテンの穴がこんなに大きく


    「いたずら」と見る  ひろい ムードが流れている環境
    そんな大らかさが  いいですね
   

2008年2月28日木曜日

生きることをスムーズにする技が、本人を本当に助けるか?

社会性とは: 社会生活にうまく適応する性格を養う。 と辞書にあります。

適応とは: 外界からの刺激や変化に応じられる性質。 と辞書にあります。

  幼い子どもたちの課題は 社会にうまく適応するため でしょうか?
  順番を守ることや 人の気持ちを 察してうまく調和するため でしょうか?

幼い子どもたちに・・・社会の適応を学ぶ前に
      
      ケンカで取り合いになった時、ルールを教える前に
         「欲しかったんだね」と分かってもらえる。
      
      遊びたくないと輪に入らない時、皆に合わせることを教える前に
        「皆と一緒に出来ないんだね」と気持ちを汲んでもらえる。
       
      存在を受け止めてもらえる 経験が欲しい!!
       
        細かいお世話をしてもらう体験が 欲しい!!
      
      無意識の時代を送る子どもたちに こころの土台となる 
         自分への信頼を 培う ために 
      
  ★幼い子どもを育てている親たちに 何が大切かを分かって欲しい 

   あたたかく・私の存在を解ってもらった 感覚が
   これからの長い道を 自分自身の道として 歩めるのではないか!

  急ぎすぎる大きな集団生活への社会風潮に これでいいのかな? と思う私がいます。

2008年2月26日火曜日

「幸せ」…という言葉から


「幸せって」・・・私の中に何かが足されて、幸せになる・・と思っていた。

「幸せって」・・・今の自分が、幸せだということに、気づくことだった。
       
  いろいろ 私のまわりには 出来事が起きて
     悲しかったり、困ったり、どうしていいのか分からない

  それらの苦労が、なくなって軽くなることが、幸せだと思ってた

         それは 違う 違うんです

  色々あって、大変な時もある、苦しい時もある、悲しい時もある
  そんな自分が、幸せなんだと、幸せを見つけること

足りないものを埋め合わせることが、
重荷をおろすことが、
幸せになることではなく
ありのままの私が、幸せであることに、気づくこと
自分に向き合うことが 宗教性に近いんじゃないかと思います

  ナースリーのワークで 話したことでした。
      

2008年2月25日月曜日

年度の変わり目に!!

年度の変わり目は、退職したい人、入社をしたい人と

入れ替わりがある時です。

誰かが去る時は淋しい気持ちが付き物ですが、
私はこんな風に考えます。

    誰しも、人生の学び場があります。
    個人にふさわしい場所で学びがある。

    事業主として、ここにふさわしい能力のある人が欲しいところですが、
    ここで働きたいという人が、幸せになれるかどうかに視点をおきたい。

働く人が、幸せであって初めて いい仕事ができる。
子どもへの愛が注がれる。

2008年2月18日月曜日

子どもにも ストレス解消を!!

お母さんも 一人になって ふーっと肩の力を抜きたい時がありますよね

   忙しいとき
   時間がないとき
   悩みがあるとき
   思うようにいかないとき
   ストレスが重なったとき

子どもも ふーと力を抜きたい時が あるんですよ
  しかし、子どもと大人と 解消のやり方が違います

  子どもは、一番身近な お母さんの胸の中で
  泣いたり、怒ったり、すねてみたり…聞きわけのないことを言って
  心の解放をする時があります

そんな時は、時間をとって 甘えさせてあげて下さい
あなたの ストレス解消と同じです

2008年2月15日金曜日

理念に賛同して下さる方々に出会いたい

乳幼児の集団生活について 思うこと

 この頃では、幼稚園・保育園での3歳児保育の受け入れ幅も大きくなり
 3歳で集団生活のスタートをするお子さんが、多くなってきました

 3歳位になると、言葉の多さと情報が豊富でその巧みなところでは
 驚くばかりです
 長年、子どもたちに関わっているとその変化を肌で感じることができます

 教育関係では、子どもの姿 愛情 規律などの側面を主張します

 私は、人と言うものを真に理解する必要があると思います

     1、人の行いは 「自分の想い」 に基づき
     2、思いは 「欲望」 に基づき 
     3、欲望は 「人が付き合う仲間」 によって決まります

   生きることへのひたむきさ、謙虚に学びを志す集団でありたい
   生き方、心の持ち方を幼い子どもたちへ肌で伝えたい
   そして、この理念に賛同する、育児をされる方々に出会いたい

 

2008年2月14日木曜日

コメントの投函 ありがとうございます

コメントを投函して頂きまして、『読んでいてくれる方がいる』・・実感が何より
嬉しいです。 ありがとうございます。

私は、ナースリーハウスの保育事業の一環として、「おやぎょう」の講座を
開いています。

秋から始めた講座が一区切りで終わりました。気持はつながっていますが・・・

「おやぎょう」はコミュケーションの問題を解決するために、ノウハウを勉強しますが
ノウハウだけでは、どうする事も出来ないことがあることに気づきます。

分かっているけど、自分自身を制御できない自分がいる。

この制御の紐をといてくれるのが、ハコミやリコミの技法です。

これも技法ですので、限界はありますが、今までとは違った感覚が
芽生えるから不思議です。変容の感触が新鮮で素敵です。

その奥にも、何かがあるような気がします。

人は、そのプロセスを行くんだな?と。
そのプロセスに、ご一緒してもらえる繋がり、仲間って 素敵です。

そして、スキルではない 【こころからのおもてなし】ができる日がくるような
ホットな気持ちが嬉しいです。



2008年2月12日火曜日

人間関係の秘訣は、受け取り方にあるようです

Bちゃん! 順番を守って並んでね?

 受け取り方には 二通りあって

  ① 注意されたことを、「教えてくれて、ありがとう」
  ②     〃     「そんなこと、言われなくてもわかってるよ」

相手の言い方にもよりますが、あなたは①と②のどちらの傾向が多いでしょうか?

  人の話を好意的に感じる人
  人の話を、批判されていると感じる人

  人間関係の秘訣ってここにあるようですね。

2008年2月8日金曜日

もどっておいで 私の元気!!

健康だった頃
 健康とは、からだに異常がないことだと思っていた。

病気だった頃
 病気を治すこと、健康な体になることが人生最大の夢であり目標だった。

そして、今 私にとって健康とは・・・
  ・
  こころとからだがしなやかで柔らかさをもっていること

  支えあい 愛し合う 人間関係をもっていること

  自分を信じられること 自分の生きる力を信頼できること

健康は、自分との関係 人との関係 自然との関係と密接につながっていた。
健康になることは その崩れたバランスを修復していくプロセスだった。

                 『もどっておいで 私の元気!』 より

2008年2月6日水曜日

契約社会の現代 【ルール・規則・決まり】


   時間を守る
   早めに出勤する
   ゴミが落ちていたら拾う
   あいさつをする
   ありがとう・すみませんでした
   迷惑をかけない

人が集まるところでは、常識範囲内のマナーが 潤滑油の役目をします。

マナーを守らない人がいると 組織の業務や互いの関係に支障が出てきます

     そこで、【ルール・規則・決まり】が生まれ
     尚、ルールを守れない人に 【罰則・罰金】が生まれます

   人と人が集まるところの 根底には 人としてのマナーを
   守る常識人がいなければなりません。


  人としての常識を持ち合わせる根底は 
     幼い自分を大事にして貰い、自分を大切にし 
        自己肯定感をもつことで、人との調和ができる 常識的な人になっていくでしょう
             

2008年2月4日月曜日

気持ちをそのままに 表現できるって すごい!!

                       「鬼と福の神
私が、大きな口を開けて、がんもどきの煮付けを食べていると
Bちゃんが、「先生の食べてるの Bちゃんも食べれるよ、好きだよ」
「Bちゃん、先生の食べているのが、食べたくなったんだね」
「うん 食べたい」
 Bちゃんの表現力の豊かさに 驚きました。
 Bちゃんが、思っている気持を そのままに率直に 出している
 すごいな!! 
 ただただ 子どもって すごい!!

2008年2月1日金曜日

「優しさ」と「ルール」


「優しさ」と「ルール」

  ナースリーの中でお母さんたちに 日常関わる「ルール」は

  延長料金、保育時間、保育料など料金に関わることが多いと思います。

  「ちょっとだけ遅れます」

  「今日だけだから 保育時間をずらして欲しい」

  「どうしても休めないので 別室で見てほしい」

 困っているお母さんの助けになりたい!

 できることは したい!

割り切れない気持ち!! お金を請求できにくいのは、本当の優しさ

なのか・・自問します