2007年10月30日火曜日

11月の行事予定


10/31 内科検診 10時~
11/3 11/23 祝日保育 契約以外で申し込みをされる方は担任まで
11/7 子育て真っ最中のお母さんよっといで (青少年センター)
    保育士が付き添い人形劇を見に行きます(人形劇団びっくり箱)
    うさぎ組 徒歩で 9時30分発
    ぴょん組 車で送迎 〃
    ひよこ組   〃   〃
11/10 運動会 当日の連絡先は 090-5600-9970(西田携帯)
    場所:朝日丘交流館
    時間:9時45分 受け付け
       10時  開始
    持ち物:水筒
    お願い:リズム体操は、保護者の方も裸足でおこないます。
        会場の都合上保護者席に椅子はありませんのご了承ください
11/13 田んぼで焼き芋(松平の田んぼで)・・・火を見る機会を体験させたくて!
    天候によって日程の変更ありです
11/16 避難訓練
11/22 おやぎょうの会 関心のある方どうぞお気軽に 参加費500円
11/24 えいごであそぼ

2007年10月27日土曜日

A君!「ハイポーズ」「キャー」 はずかしい!!

●●●●子どもがやってはいけないことをした時●●●●

 子どもをお迎えに来た時、ちょっとしたすきに 皆のタオルかけの個人ラベルを
 はがしてしまいました。アラ アラ アラ

     「こら!なにするの!」
     「こんなことしたらダメでしょ!」
     「みんなの名前を取ったら困るでしょ!」
                …叱ることより大事なことがありますよ

    さあ!何が大切なのでしょうか?

  『お母さんは、子どもと一緒に
   はがしたラベルを元通りにすることです。』


 いたずらはあるものですし、困りますが成長の要素です。
 迷惑をかけることをしたら、元に戻し
 相手が困ることを教えましょう。

2007年10月26日金曜日

できるところに感謝して、苦手な部分はフォローして


スタッフの中には色々な持ち味をもっている方がいます。
反対に苦手な分野ももっているものです。
几帳面で正確さがあり、子どもが本当に好き
善意のかたまりで、ナースリーのPR部長
とにかく几帳面でその責任感は皆に評価されています
明るくてみんなの笑いをかもし出す 粋な人
縦軸と横軸の芯があり、みんなのまとめ役
行動力抜群、みんなの信頼「大」です
子どもたちに抜群の人気、現場のリーダー
きちんと与えられたことをやり遂げる能力があります
とてもきちんとした常識をそなえ、勉強を継続できる力がすごい
子どもを愛し、ナースリーを愛し、この人の支えなしではまわっていきません
専門的な知識のもとにパワフルに活動中、たくさんのことをこなす能力はピカイチ
ひかえめが可愛く、保育の中心的存在、彼女はそれに気づいていません
明るく、思いやりがあり性格の良さは一番
子どものために、子どもはあなたの味をちゃんと分かっています
人間の大きさから、大黒柱的存在
こんなに保育士さんにふさわしい人はいないでしょう
一生懸命に頑張る姿は、すがすがしいです
彼女がいるだけで、よいムードが流れます とにかく能力の高い人です
真面目で一生懸命向き合います 頑張っています
秘めたパワーは魅力を引き立てます 先が楽しみなスタッフ
  誰かの苦手な部分を見つけたら「やっておきました」と!フォローすることが
  自分の不足部分を助けて貰うことになるのでは・・・

2007年10月25日木曜日

ナースリーへのおきゃくさま


子どもの姿と、私の思いにすれ違い!!
こんな時・・・「善意」に解釈してみませんか!!・・・
    元気がいいね
    やさしいね
    気持ちを整理しているんだね
    自分を大切にしているんだね
    勇気をもっているね
    頭の中にいっぱい考えることがあるんだね
    頑張っているよ
    精一杯やっているね
    ちょっとやりすぎて疲れたんだね
    きっとやりたいこと見つかるよ
    今を大事にしているんだね
  あなた自身も、精一杯やっていますよ!!

2007年10月24日水曜日

《アレ!!》の直感は、案外確かです


この頃の私は、事業所やそのグループの「あり方(あるべき姿)」に深い関心を
もっています。そのせいで、最近のブログはちょと難さがありますよね。
目で見たり、耳にする言葉の奥にある「あり方」の存在をよく考えます。
人と接する時やその場に入った時、直感で《アレ!!》と違和感や今までの
印象と違った感じを持たれたことがあると思います。
その《アレ!!》は案外、確かな情報を与えてくれます。
表面だけでない、その奥にあるちゃんとした考えを持ちたいと思います。

2007年10月23日火曜日

お母さんの「待つ」姿勢に、「愛」を感じて嬉しくなりました。



寝起きが、すっきり起きれなかったMちゃん。何を言っても「いやだ!」の連続。

そんな時、急いでいたりすると本当に困ってしまいます。

Mちゃんのお母さんは、腹をすえてじっくり時を待ちました。

「いやだ!」がなんだか、Mちゃんもお母さんも分からないかも知れませんが

最後にMちゃんがお母さんの胸にぴったりと抱かれホッとしました。

お母さんの「待つ」姿勢に、「愛」を感じて嬉しくなりました。

2007年10月22日月曜日

働きやすい職場でこそ・・健全な子育てが!!


子どもたちが、その子らしく、のびのびと成長するには、母親とその家族の
愛情だけでうまくいくのだろうか?
2交代・3交代で夜遅くに帰るお父さん、深夜まで営業しているサービス業
社会経済の発展のための‘しわよせ‘が …労働基準法にかなっていれば
いいのでしょうか。
本当に働きやすい職場でこそ、家族や地域、郷土への愛が生まれるのでは??
社会のうねりに、圧倒されそうになってしまいます。
       事業所の在り方や教育・保育が社会経済との
       関わりにおいて 『ビッグ』 に思えてなりません。
       では、ナースリーハウスは何ができるかな?
    

2007年10月20日土曜日

玩具も大切な成長グッツです


3歳を過ぎるころから男の子は、鉄砲・剣・勇者の持つおもちゃを欲しがります。
そして お気に入りは大事に大事に持ち歩きます。
赤ちゃん期から幼児期へと成長する中で、同年齢の子どもたちや家族以外の
大人にも接する機会も増し、社会が広がっていきます。
まだまだ、未熟な子どもたち、自分を守り、外敵を倒してくれる武器や勇者の
存在が、疑似体験の中で自分自身の支えになってくれます。
危険だとか残酷だからと避けていると、自分自身の弱い存在を自分自身で
支える機会を失いかねません。
       玩具も大切な成長グッツです。

2007年10月19日金曜日

人として「本来あるべき姿を大切にすること」が、私の仕事

会計事務所主催の研修会に参加して
   (モラルなき中国経済の行き着く先)…評論家 石平 (セキヘイ)
  黄河で水遊びをしていた少年が急流に溺れた事故が起きた時のことです。
 少年たちの姿が水の中に消えてしまった後に、口コミで数千人の群衆が川沿い
 に集まっ て高みの見物となりました。・・・が。
  誰一人として少年達を救い出そうとする人はなく、すぐ近くで荷物運搬業者の
 筏 があるのに、救出のために動き出そうとしませんでした。
  警察官がきて、筏を出すように頼んだ時、なんと、「代金」を求めその交渉が始
 ま りました。 つり上げられた値段交渉の後、やっと筏の持主は「仕事」を始めま
 した。
  そして、少年たちが水の底から引き上げられるまで、数千人の観衆は野次を飛
 ばしなが ら楽しそうに見物をしていたという。


    この記事はお隣の国のことですが、私たちの住む日本の国においても、
    【売れれば何をしてもいい】というモラルのないニュースを目にします。

  人として、持つべき大切な本質を根底にしっかりおいた経営と、保育が一体と
  なるナースリーハウスでなければと真に思いました。
       


2007年10月16日火曜日

困ったことをどう解決したらいいの?

Q:幼稚園に通う兄弟、出かける前の時間に、遊び始めてしまって
  お母さんは、連れ出すのにホトホト困っています。疲れ果ててしまいます。
  その子どもたちに、「遊びたいのね?」「テレビが見たいのね?」の聞き方で
  子どもは、すんなり幼稚園に行ってくれますか?

A:この状況で、子どもの気持ちを汲む「遊びたいのね!」は通じませんね。
  それどころか、「うん」と言って、もっと遊ばせてくれるかな?と子どもは思って
  しまいます。

 :子どもにとって何の問題もない事柄については、「遊びたいのね!」では、
  行動を 変えにくいですね。

 こんな時
 :お母さんが、子どもたちが「遊んでしまうと、幼稚園にスムーズに行けなくて
  本当に困ってしまうんだ」ということを、真剣に伝えます。
 :お母さんを助けてくれる?と思いを伝えます。

 ここで大切なことは
 :問題そのものが悪いのではなく、いかに解決していくか・・・の価値観が
  根底に あるかということが大切です。そして、みんなでいい解決策を探します。
 :子どもの成長と共に、色々な問題に直面すると思いますが、
  どうやって解決していったらいいのかを話し合いで、折り合いをつける深い
  考えが 大切に思います。
 :そして、一度で解決させようとせず、時間をかけて話し合ってみて下さい。
 

2007年10月15日月曜日

可愛い笑顔に応えることが一番の使命です




          ナースリーハウスという小さな事業所を運営するにあたり  

        大切にしている軸があります。人を大切にしていくことです。

        この場所で過ごす『子どもたち』、ここを利用したいと決める『ご両親』

        ここで働く『スタッフのみんな』、どれを <量り> に乗せても、

        バランスが取れるようにしたいと思っています。

最近の風潮は、働く時間を増やして休日を減らしても利益を上げようとしています。

シェア争いで、取った取られたの渦に巻き込まれないように、【何が大切か】の原点を

常に持つことを念頭においています。この私の考えがスタッフに伝わるよう、そして

行動と一致するようパワーを使います。

2007年10月12日金曜日

遊んだという満足感 (*^_^*)


机の上にマットを敷いて、大きなお山に…お山から、道へ・・・
道から…リレーのグランドへ・・・「よーい ドン!」
今度は、バトンタッチして…誰が一番か?  表彰式
次から次へと 展開する遊び、ハアハア言いながら仲間に入れて貰いました。
風を切る心地よさ、リズミカルな展開に、遊んだ!!という満足感が (*^_^*)
子どもたちと一緒に繋がりができた嬉しさが心地よかったです。

2007年10月11日木曜日

子どもを見つめるまなざしが好きです


何を書いたらいいかなと?…頭の中にひらめきが浮かばない時があります。
今です、今日です。
幸せな気分に包まれているのでしょうね。きっと。
忙しくて、時間に追われて、次に何をしたらいいのかの毎日ですが、
ホッと肩の力が抜けるひとときを喜んで!!

2007年10月10日水曜日

この子たちが今は小学3年生・・・「存続・継続」

私は、ナースリーハウスという小さな託児所の経営者です。
「あなたの舵取りでナースリーという船は安全に航海したり
暗礁に乗り上げたりすると」 皆に思われています。
長い先を見て、『存続』『継続』ということが、私を引っ張ります。

目の前にいる子ども達とお母さん、働くスタッフ、この場所・・・どれも
欠くことができない大切なものです。
ナースリーに関わった人たちが、出会えてよかったと言って貰えたら
こんなに嬉しいことはないですね。

将来大人になっていく、幼い子どもたちにとって・・・
何ができるか、試行錯誤ですが一つでも
あなたの心に ”安らぎと、自信が” 根付いてくれたら・・・

   あなたが、すっかり忘れてしまっても・・・。

2007年10月9日火曜日

バランスボール…仰向けで

直径1mくらいの柔らかいボールにうつ伏せと、仰向けになって・・・大きな伸び
をします。
胸、肩、首、お腹・・・の筋肉を伸ばします。
筋肉質で体に緊張感のあるお子さんは、念入りに体をゆらゆらします。


みんなが座っている時に、急に立ち上がり走り出す子の中には
体の緊張を反射的にゆるめている行動の時があります。

おっちょこちょいとか、落ち着きがないなどの言葉で片付けられない
体の反射的な動きもあるんですよ。
子どもの行動の一面だけで、決めつけないようにしたいものです。

2007年10月8日月曜日

ぼくは、トラクターの運転手

子ども同士のケンカや取り合いを見ると、どう接したらいいんだろう?
と、ふっと立ち止まる時があります。

昔はこんなことなかった・・・などと昔を振り返るのではなく

今の子どもたちにふさわしい、接し方を生み出さなくては!!

子どもたちから…教えてもらっています。


学びは、子どもから・・・です。

2007年10月6日土曜日

遠足で出会った猫君


どこの、お店の窓口、係の人の接客・・・がよくなって、お客さんに対して
丁寧な言葉使いや、対応がなされるようになってきています。
お客さんの立場になって気持ちよいお買い物ができています。
おもてなし・真心が 私たちの心の中に広がってあたたかい世の中になってきたのかな?
そんな疑問が出てきました。
人の心もうわべや、表面では計り知れない
本当に、真心のこもったものだろうか?
ふっと、心がつぶやきました。
子どもに関わり、育てる中で、本当の本質はどこだろう。
本質の中で…生き抜きたい!!

2007年10月5日金曜日

ちょっとまってよ! 自分の感情に気づく


3歳児の男の子が、3人でブロックで遊んでいます。その中の一人が
リーダーシップを取りながら、みんな目を輝かせて、動きながら勇者に
なっています。
リーダーシップをとっているA君が、B君C君の出来上がったブロックを
壊しにかかりました。これも遊びのようですが、壊されているB君C君は
戸惑っています。
ふっと、私の気持ちが浮き上がってきました。
A君は、B君とC君の気持ちを踏みにじっているかも?そう思うと
A君の態度が急に腹立たしくなってきました。
ちょっとまってよ! ちょっとまってよ!
大人の価値観・・・相手を困らせない、順番のルールを守る、譲る気持ちを大切に
これは正当だけど、
もう一度、A君の気持ちに寄り添ってみよう・・・すると
私の気持ちに変化が!
遊びの中で、ゲーム感覚で楽しんでいるんだな!と。
感情をぶつけなくってよかった!!
ほんとうに!!

2007年10月4日木曜日

自分を大切に!!


お母さんにも、子どものしていることを嫌だなと思ったり
受け入れがたい時、はねつけたくなるような気持になる時がありますね。
    気分が悪い時
    体がだるい時
    予定していた段取りができない時
    眠い時
    急いでいて時間がない時
    やることがいっぱいある時・・・などなど
  このような時がありますね。
子どものことを、すべて背負い、自分が休むことに
罪悪感を感じるお母さん!
お母さん自身が、自分を大事にしてもいいという許しを持ちましょう。
自分が感じている「感じ」をじっくり味わってみましょう。
子どもはお母さんをみて、自分を大切にしているお母さんから
自分もそうして「自分を大切にしてもいいんだな」と感じます。

2007年10月3日水曜日

田んぼへ遠足




あぜ道、田んぼの水路、神社の開放感にのんびり・ゆっくりしました。
50㎝くらいの黒、赤、茶色のヘビを水路に見つけました。
尻ごみする大人と反対に、ヘビに近づく子どもたち。
水の上をクネクネさせながら、逃げ道を探すヘビ!
子どもたちの中には、「お家へ帰れないね!」と可哀そうな感覚を持った子も。
与えられたものではなく、自分の目で発見した、小さな虫は
子どもの映像にしっかり映ったのではないでしょうか。


2007年10月1日月曜日

10月の行事予定


10月の行事予定
 1日(月)  身体測定
 2日(火)  遠足 「田んぼであそぼう」
 3日(水)  子育て真っ最中のお母さんよっといで
 8日(月)  祝日保育
 13日(土) えいごであそぼ
 17日(水) マタニティーママよっといで
 26日(金) 避難訓練・おやぎょうの会
 27日(土) えいごであそぼ・臨時NPO理事会
 31日(水) 内科検診 10時
11月10日(土) 運動会 10時開始 「朝日が丘交流館」
 さくらさくらんぼリズム体操を主に行います。
 一般の方の参加もOKです。
 0565-31-8282まで連絡をお待ちしています。